新しいものづくりがわかるメディア

RSS


4サイズから加工エリアが選択可能に——smartDIYs、レーザー加工機「FABOOL Laser Mini」に新商品を追加

smartDIYsは、レーザー加工機「FABOOL Laser Mini」の新たなラインアップを発表した。

FABOOL Laser Miniは5万円台の低価格ながら、個人での趣味のものづくりから企業でのプロトタイピングまで対応する組み立て式デスクトップレーザー加工機だ。拡張パーツでのカスタマイズによって、用途に応じた加工エリア、レーザー出力に変更できる。

2016年4月にReadyforにてクラウドファンディングを開始。初日で1200万円以上を調達して注目を集め、最終的に6000万円以上を集めて商品化された。

今回の新商品の追加は、ユーザーからの「もっと多様な加工エリアがあったら良い」という意見をもとに、加工エリアの拡大に対応したものだ。従来の加工エリアである30×23cmに加えて、60×42cm、100×100cm、150×150cmから加工エリアが選択可能となった。 追加された加工エリアの価格は以下の通りだ。(レーザー出力/加工エリア別、価格は全て税別)

  • 60×42cm   1.6W/7万4600円、3.5W/9万9600円
  • 100×100cm 1.6W/9万600円、3.5W/11万5600円
  • 150×150cm 1.6W/12万3200円、3.5W/14万8200円

また、既存購入者には60×42cm/1万9800円、100×100cm/3万5800円、150×150cm/6万8400円でそれぞれ提供する。 (価格は全て税別)

FABOOL Laser Miniの高さを変更できる「高さプレート」も同時発売する。脚部に取り付けることができ、1つにつき5cm装置を高くできる。 厚い素材の加工時に適しており、プレート自体を重ねて取り付け可能なため、5cm単位で高低を調節できる。価格は1セット(4個入り)で4280円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 知識や経験なしでも出来たてビール造りを楽しめるスマート醸造機「INTHEKEG」 #CES2020
  2. ツーリングをより安全・快適に——バイク用スマートヘルメット「TALI」#CES2020
  3. オーム社、「APIではじめるディープラーニング・アプリケーション開発 Google Cloud API活用入門」発刊
  4. はんだ付けをアートに——「はんだ付けアートコンテスト2019」の入賞作品を発表
  5. バッテリー不要のコンピューター入力デバイスを開発——親指で人差し指側面をタップするだけ
  6. ビット・トレード・ワン、「奇天烈電子工作シリーズ」4種を発売
  7. DJ用の機材にまで進化し続けたポータブルレコードプレーヤー「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER GP-3B」
  8. 日本3Dプリンター、多様化するニーズに応じフィラメントを拡充するプログラムを開始
  9. 赤外線カメラから身を隠す——通常の熱放射現象を覆すコーティング材料を開発
  10. 店舗内の顧客数を自動集計できる1万円以下のAIカメラ「ManaCam」#CES2020

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る