新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「IoT-Pi for LTE-M」への追加機能を公開——WDS、Node-RedからGoogleスプレッドシートへデータをアップロードするシステムを提供

WDSは、「IoT-Pi for LTE-M」への追加機能として、Raspberry PiとNode-Redを組み合わせ、Googleスプレッドシートへデータをアップロードできるシステムの提供を開始した。

IoT-Pi for LTE-Mは、Raspberry Piをセルラー系LPWAへ接続可能とするパッケージだ。市販のセンサーが接続できるインターフェースを標準で搭載し、センサーなどと組み合わせることでIoTの実証実験が可能となる。

KDDI LTE-M回線が1年間(2Mbyte/月)利用可能なSIMカードが付属し、I/Fとして標準でGROVE/GPIO/I2C/UARTが接続可能だ。 GPSによる位置測位に加え、RaspberryPiの電源起動を間欠動作させる機能も搭載しており、モバイルバッテリーを利用し、更にはPSMやeDRXを利用して低消費で駆動する端末をRaspberryPiで作成できる。

クラウドへの接続はポート指定によるTCP/IPに加え、PPPによるインターネット接続にも対応する。商品価格は4万9800円(税抜)だ。

また並行して、「5G/IoT通信展」(2019年7月17日~19日、東京ビックサイト)へデモ機を展示し、実機でのデモンストレーションを実施する。 AIカメラと接続したデモ環境も展示され、AIカメラは今後IoT-Piのオプションセンサーとして取り扱う予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  2. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  3. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  4. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る