新しいものづくりがわかるメディア

RSS


インプレスR&D、「続ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Python」と「続ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Java」発刊

インプレスR&Dは、「続ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Python」と「続ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Java」を発刊する。

photo

続ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Pythonは、2018年に同社より発売された「ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Python」の続巻で、著者が教えるプログラミング教室で実際に教材として使用しているものをもとに追加編集したものだ。ドリルでプログラミングの基礎を身に付ける内容となっていて、ページ数の関係で前回収録できなかったサンプルに加え、物理エンジンを使ったサンプルや3Dを使ったサンプルなどが収録されている。

Processingは、初心者向けの簡単にビジュアル表現ができるプログラミングツール(開発環境)で、もともとJavaベースで開発されたが、Pythonにも対応している。

photo

同時に発刊する続ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Javaは、「ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Java」の続巻で、同じように3Dを使ったサンプルなどが収録されている。

著者は、田中賢一郎氏。続ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Pythonは、B5判モノクロ、本文218ページ、続ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Javaは、B5判モノクロ、本文226ページ。価格はともに印刷書籍版が2800円、電子書籍版が2300円(各税別)となっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ツーリングをより安全・快適に——バイク用スマートヘルメット「TALI」#CES2020
  2. 知識や経験なしでも出来たてビール造りを楽しめるスマート醸造機「INTHEKEG」 #CES2020
  3. オーム社、「APIではじめるディープラーニング・アプリケーション開発 Google Cloud API活用入門」発刊
  4. バッテリー不要のコンピューター入力デバイスを開発——親指で人差し指側面をタップするだけ
  5. はんだ付けをアートに——「はんだ付けアートコンテスト2019」の入賞作品を発表
  6. DJ用の機材にまで進化し続けたポータブルレコードプレーヤー「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER GP-3B」
  7. 70万円台で手に入るEV——3Dプリント製超小型電気自動車「YoYo」
  8. それ、ラズパイでつくれるよ——メッセだけならラズパイでいい
  9. 日本3Dプリンター、多様化するニーズに応じフィラメントを拡充するプログラムを開始
  10. 赤外線カメラから身を隠す——通常の熱放射現象を覆すコーティング材料を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る