新しいものづくりがわかるメディア

RSS


インプレスR&D、「続ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Python」と「続ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Java」発刊

インプレスR&Dは、「続ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Python」と「続ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Java」を発刊する。

photo

続ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Pythonは、2018年に同社より発売された「ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Python」の続巻で、著者が教えるプログラミング教室で実際に教材として使用しているものをもとに追加編集したものだ。ドリルでプログラミングの基礎を身に付ける内容となっていて、ページ数の関係で前回収録できなかったサンプルに加え、物理エンジンを使ったサンプルや3Dを使ったサンプルなどが収録されている。

Processingは、初心者向けの簡単にビジュアル表現ができるプログラミングツール(開発環境)で、もともとJavaベースで開発されたが、Pythonにも対応している。

photo

同時に発刊する続ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Javaは、「ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Java」の続巻で、同じように3Dを使ったサンプルなどが収録されている。

著者は、田中賢一郎氏。続ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Pythonは、B5判モノクロ、本文218ページ、続ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Javaは、B5判モノクロ、本文226ページ。価格はともに印刷書籍版が2800円、電子書籍版が2300円(各税別)となっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  2. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  3. ご先祖様を3Dプリント精霊馬に乗せて、首都高を爆走させたい!
  4. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  5. クラウドファンディングで約8000万円を集めたインスタコードからMakerが学ぶべき点とは
  6. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供
  7. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  8. パソコンの仕組みが学べる——TSUKUMO、組み立てて作るWindowsタブレット「Kano PC」の取り扱いを開始
  9. 最先端新技術で寿司を握る——OPEN MEALSの「超未来すし屋」、2020年東京にオープン
  10. micro:bitで動くロボットカー——STEM教育向けロボット「TPBot」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る