新しいものづくりがわかるメディア

RSS


インプレスR&D、「続ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Python」と「続ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Java」発刊

インプレスR&Dは、「続ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Python」と「続ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Java」を発刊する。

photo

続ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Pythonは、2018年に同社より発売された「ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Python」の続巻で、著者が教えるプログラミング教室で実際に教材として使用しているものをもとに追加編集したものだ。ドリルでプログラミングの基礎を身に付ける内容となっていて、ページ数の関係で前回収録できなかったサンプルに加え、物理エンジンを使ったサンプルや3Dを使ったサンプルなどが収録されている。

Processingは、初心者向けの簡単にビジュアル表現ができるプログラミングツール(開発環境)で、もともとJavaベースで開発されたが、Pythonにも対応している。

photo

同時に発刊する続ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Javaは、「ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Java」の続巻で、同じように3Dを使ったサンプルなどが収録されている。

著者は、田中賢一郎氏。続ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Pythonは、B5判モノクロ、本文218ページ、続ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Javaは、B5判モノクロ、本文226ページ。価格はともに印刷書籍版が2800円、電子書籍版が2300円(各税別)となっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  2. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  3. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  4. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る