新しいものづくりがわかるメディア

RSS


インプレスR&D、「続ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Python」と「続ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Java」発刊

インプレスR&Dは、「続ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Python」と「続ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Java」を発刊する。

photo

続ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Pythonは、2018年に同社より発売された「ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Python」の続巻で、著者が教えるプログラミング教室で実際に教材として使用しているものをもとに追加編集したものだ。ドリルでプログラミングの基礎を身に付ける内容となっていて、ページ数の関係で前回収録できなかったサンプルに加え、物理エンジンを使ったサンプルや3Dを使ったサンプルなどが収録されている。

Processingは、初心者向けの簡単にビジュアル表現ができるプログラミングツール(開発環境)で、もともとJavaベースで開発されたが、Pythonにも対応している。

photo

同時に発刊する続ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Javaは、「ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Java」の続巻で、同じように3Dを使ったサンプルなどが収録されている。

著者は、田中賢一郎氏。続ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Pythonは、B5判モノクロ、本文218ページ、続ドリル形式で楽しく学ぶ Processing-Javaは、B5判モノクロ、本文226ページ。価格はともに印刷書籍版が2800円、電子書籍版が2300円(各税別)となっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い
  2. オリジナルマインド、全軸リニアガイド採用のデスクトップ型CNCフライス「KitMill CL」シリーズ発売
  3. 「作りたいもの」でプログラミングの基本がわかる——技術評論社、「改訂版 ゴールからはじめるC#」発刊へ
  4. IoTBASE、ソニーのLPWA通信規格「ELTRES」に対応
  5. エイミー、IoTと電子工作の知識共有サービス「elchika」正式リリース
  6. 段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」
  7. スティックだけでプレイできるエアドラム——ポータブル電子ドラム「PocketDrum」
  8. 一見、鉛蓄電池を彷彿させる地味なフォルムが逆に新鮮だったラジオ「National Panasonic Portable Radio RF-727 COUGAR No.5」
  9. てんとう虫をモテーフにした今も色あせないミュージックガジェット「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER SE-8」
  10. 時の光が降り積もる——LEDデザイン時計「TIMEDROP LED CLOCK」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る