新しいものづくりがわかるメディア

RSS


床下、設備、配管をロボットが点検——協栄産業、「インフラ点検ロボットシステム 低車高版」発売

協栄産業は、住宅などの床下点検向けに「インフラ点検ロボットシステム 低車高版」を発売した。

photo

同システムは、トピー工業の点検ロボット「AnieLight(エニーライト)」を使い、点検作業員の代わりに床下に同ロボットが入り、シロアリ被害や腐食箇所などの有無をカメラ画像によって確認するものだ。

photo

操作はタブレット端末(iPad)から無線LANあるいは優先を使った遠隔操作が可能で、カメラを見ながら点検し、点検箇所を撮影できる。現場でそのまま作業報告書を作成することができる。

photo
photo

標準版ではロボット車高が245mmだったが、今回の新型エニーライトは183mmと低車高で、従来よりも人通口の通り抜けなどがスムーズに行えるようになった。これにより、さまざまなタイプの住宅床下に対応できるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi公式ディスプレイとカメラを一体型ケースに——Raspberry Pi用ケース「SmartiPi Touch Pro」
  2. 数学的概念を自動的に図式化するツールを開発 カーネギーメロン大
  3. プリント後に造形物の形を変えられる3Dプリント方法を開発 米ライス大
  4. 電子回路とコーディングを学ぶ——学校教育向けSTEM学習キット「DuinoKit」
  5. 4000℃以上に耐えるセラミック耐熱材料を開発——航空宇宙分野での活用が期待
  6. 500dpiの精細な刻印——厚さ6cmのスリムなレーザー加工機「Cubiio 2」
  7. 【会社員2540人のテレワーク実態調査】製造業系エンジニアの51.5%、IT系エンジニアの75.7%がテレワークで在宅勤務。人気ツールは「Microsoft Teams」と「Zoom」
  8. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  9. 世界最速の電動式モノホイールを大学生が開発——ギネス世界記録に挑戦
  10. 低価格で人気のあったホビー向け8ビットパソコン「KAWAI MSX2 PERSONAL COMPUTER KMC-5000」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る