新しいものづくりがわかるメディア

RSS


床下、設備、配管をロボットが点検——協栄産業、「インフラ点検ロボットシステム 低車高版」発売

協栄産業は、住宅などの床下点検向けに「インフラ点検ロボットシステム 低車高版」を発売した。

photo

同システムは、トピー工業の点検ロボット「AnieLight(エニーライト)」を使い、点検作業員の代わりに床下に同ロボットが入り、シロアリ被害や腐食箇所などの有無をカメラ画像によって確認するものだ。

photo

操作はタブレット端末(iPad)から無線LANあるいは優先を使った遠隔操作が可能で、カメラを見ながら点検し、点検箇所を撮影できる。現場でそのまま作業報告書を作成することができる。

photo
photo

標準版ではロボット車高が245mmだったが、今回の新型エニーライトは183mmと低車高で、従来よりも人通口の通り抜けなどがスムーズに行えるようになった。これにより、さまざまなタイプの住宅床下に対応できるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  2. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  3. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  4. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る