新しいものづくりがわかるメディア

RSS


床下、設備、配管をロボットが点検——協栄産業、「インフラ点検ロボットシステム 低車高版」発売

協栄産業は、住宅などの床下点検向けに「インフラ点検ロボットシステム 低車高版」を発売した。

photo

同システムは、トピー工業の点検ロボット「AnieLight(エニーライト)」を使い、点検作業員の代わりに床下に同ロボットが入り、シロアリ被害や腐食箇所などの有無をカメラ画像によって確認するものだ。

photo

操作はタブレット端末(iPad)から無線LANあるいは優先を使った遠隔操作が可能で、カメラを見ながら点検し、点検箇所を撮影できる。現場でそのまま作業報告書を作成することができる。

photo
photo

標準版ではロボット車高が245mmだったが、今回の新型エニーライトは183mmと低車高で、従来よりも人通口の通り抜けなどがスムーズに行えるようになった。これにより、さまざまなタイプの住宅床下に対応できるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い
  2. オリジナルマインド、全軸リニアガイド採用のデスクトップ型CNCフライス「KitMill CL」シリーズ発売
  3. 「作りたいもの」でプログラミングの基本がわかる——技術評論社、「改訂版 ゴールからはじめるC#」発刊へ
  4. IoTBASE、ソニーのLPWA通信規格「ELTRES」に対応
  5. エイミー、IoTと電子工作の知識共有サービス「elchika」正式リリース
  6. 段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」
  7. スティックだけでプレイできるエアドラム——ポータブル電子ドラム「PocketDrum」
  8. 一見、鉛蓄電池を彷彿させる地味なフォルムが逆に新鮮だったラジオ「National Panasonic Portable Radio RF-727 COUGAR No.5」
  9. てんとう虫をモテーフにした今も色あせないミュージックガジェット「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER SE-8」
  10. 時の光が降り積もる——LEDデザイン時計「TIMEDROP LED CLOCK」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る