新しいものづくりがわかるメディア

RSS


床下、設備、配管をロボットが点検——協栄産業、「インフラ点検ロボットシステム 低車高版」発売

協栄産業は、住宅などの床下点検向けに「インフラ点検ロボットシステム 低車高版」を発売した。

photo

同システムは、トピー工業の点検ロボット「AnieLight(エニーライト)」を使い、点検作業員の代わりに床下に同ロボットが入り、シロアリ被害や腐食箇所などの有無をカメラ画像によって確認するものだ。

photo

操作はタブレット端末(iPad)から無線LANあるいは優先を使った遠隔操作が可能で、カメラを見ながら点検し、点検箇所を撮影できる。現場でそのまま作業報告書を作成することができる。

photo
photo

標準版ではロボット車高が245mmだったが、今回の新型エニーライトは183mmと低車高で、従来よりも人通口の通り抜けなどがスムーズに行えるようになった。これにより、さまざまなタイプの住宅床下に対応できるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  10. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る