新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ファブによってまちの未来をより良くする——「ファブ3Dコンテスト2019」開催

慶應義塾大学SFC研究所ファブ地球社会コンソーシアムは、「ファブのあるまちづくり」をテーマとし、未来を担う才能を育成するためのコンテスト「ファブ3Dコンテスト2019」を開催する。

ファブ3Dコンテストは、これまで過去3年にわたり3Dプリンターやデジタル工作機械、IoTなどの先端技術の利活用方法、STEM領域においての実践例作りや有能な人材の発掘などを行ってきた。

今年のテーマは「ファブあるまちづくり」。SDGs(持続可能な開発目標)や地域の課題解決と新技術の可能性を結びつけ、ファブによってまちの未来をより良くするモノ/コト作りのアイデアを募集する。分野や世代を超えた一定の価値観に縛られない多様な可能性を感じられる作品を募集する。

応募部門は「個人部門」および「チーム部門」。個人部門は小学生か中学生、高校生のいずれかのみで、チーム部門は上記を中心としていれば、大学生や社会人もチームメンバーとして参加できる。

募集条件は、作品に3Dプリンターなどのデジタル工作機械などを活用した部分が含まれていることで、既発表作品でもよいが受賞歴のある作品は受け付けない。

応募締切は2019年10月22日。10月下旬から11月上旬に1次審査結果を発表し、11月23日に、東京ミッドタウンの「慶應義塾大学 SFC Open Research Forum 」にて2次審査結果発表および授賞式を行う。

審査基準は、「提案の質」、「技術の高さと完成度」、「独創性」、「コストパフォーマンス」、「提案の一貫性/ドキュメンテーション」などとなっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  2. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  3. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  4. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る