新しいものづくりがわかるメディア

RSS


未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催

TMMF実行委員会は、「Tsukuba Mini Maker Faire」を2020年2月につくばで開催する。

Maker Faireは世界200カ所以上で開催されるDIY/ものづくりの祭典で、日本ではMaker Faire TokyoとMaker Faire Kyotoが開催されている。このうち、Maker Faire TokyoにはFabcrossも「ものづくりラボ」として出展している。

Tsukuba Mini Maker Faireのキャッチフレーズは未来を「つくる場=つくば」。つくばが一丸となった「つくる」文化の確立や新たな学術/研究の創出、スタートアップ推進を目的としている。

 

今回開催されるMini Maker Faireは、コミュニティーが主体となって開催するイベントで、つくば市とオライリージャパンとの共催となる。筑波大学はじめ筑波研究学園都市の研究機関が協力し、つくばグローバルイノベーション推進機構(TGI)が事務局を担当する。

開催日程は、2020年2月15日/16日。会場は、つくばカピオ(茨城県つくば市竹園1-10-1)で、アリーナでの展示とホールでのステージイベントがメインとして開催される。入場料は無料だ。

イベントに先立ち、出展者の第一次募集を2019年8月4日から30日まで実施する。 募集テーマは以下の5つだが、複数テーマにまたがる応募も歓迎する。

1. メーカースピリッツのある研究成果
2. SDGs実現に向けての社会課題解決
3. STEAM教育
4. 未来のモビリティ、人間拡張(超人スポーツなど)など、つくばらしい研究成果
5. その他(大規模展示、屋外展示など、通常枠では難しい特殊な展示)

なお、10月以降に第二次募集をノンジャンルで実施する予定だ。

個人での出展料は無料だが、頒布を伴う出展は出展料5500円、企業出展は出展料5万5000円となる。(価格は税込)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  4. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  5. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  6. 64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」
  7. プラスチックの射出成形技術を応用し、高純度石英ガラスを製造するプロセスを開発
  8. 5G通信網を使ってスマホをワイヤレス充電——新しいミリ波ワイヤレス給電システムを開発
  9. インターステラテクノロジズが「ねじのロケット」の全面改良を完了
  10. 街中での使用に特化した小型の風力タービン——日照日数が少ない地域ではソーラーパネルより安価でより多く発電可能

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る