新しいものづくりがわかるメディア

RSS


構造タンパク質「ブリュード・プロテイン」を使用——ゴールドウインとSpiber、「MOON PARKA」を発売

ゴールドウインとSpiberは、構造タンパク質素材を用いたアウトドアジャケット「MOON PARKA」を2019年12月12日から数量限定で発売すると発表。2019年8月29日18時に購入申し込みの受け付けを開始した。

MOON PARKAは、微生物による発酵プロセスによりつくられた構造タンパク質を使用しているのが特徴だ。3層からなる表地の表側に、両社が共同開発した構造タンパク質「ブリュード・プロテイン」を100%使用している。

THE NORTH FACEとSpiberのコラボレーションプロジェクト「THE NORTH FACE Sp.」の第2弾アイテムとして発売。商品名は「困難だが実現すれば巨大なインパクトをもたらす壮大な挑戦」という意味として使われる単語(Moonshot)に因む。

ブリュード・プロテインは、主原料を石油などの化石資源に依存しないSpiber独自の発酵(ブリューイング、brewing)プロセスによりつくられる構造タンパク質だ。

名称は製造工程の特徴に由来し、Spiberが生み出す構造タンパク質全体を表す。進化のプロセスと同じように、分子レベルでの改良を繰り返すことにより、用途に応じて素材の特長をデザインすることが可能だ。

アパレル分野における脱マイクロプラスチック/脱アニマルのニーズ、輸送分野における軽量化のニーズなどに対し、大きな役割を果たせる可能性を秘めているという。

価格は15万円(税抜)。サイズはS/M/L/XL(ユニセックス)の4サイズとなる。2019年8月29日18時から購入申し込み受け付けを開始し、販売数は限定50着の抽選販売となる。申し込みは特設サイトから可能で、当選者には当選案内メールが届く。(購入場所など詳細は当選メールに記載)

Spiberは2007年9月設立のサステナブルな新素材を開発するバイオベンチャーだ。設立以来、総額300億円以上の資金を調達し、現在タイに世界最大規模のブリュード・プロテイン生産拠点の建設を進めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  2. Arduinoで電子工作しよう——DIY電子工作キット「ThinkCrate」
  3. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  4. 好きなキャラクターと一緒に暮らせる——3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」量産モデル発売日決定
  5. ほとんど水、カロリー4分の1の「バター」を開発——人工安定剤不要、タンパク質やビタミンの追加も可能
  6. Raspberry Pi 3A+対応の無停電電源ボード「Pi16340 Smart UPS HAT」
  7. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  8. 武藤工業、産業向けDLP光造形方式3Dプリンター「ML-100」、「ML-80」発売
  9. レンズの球面収差をゼロに——収差を補正できる設計解を求める手法を発見
  10. 脳細胞をスマートフォンで制御する装置を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る