新しいものづくりがわかるメディア

RSS


UCバークレー、踏み潰せないゴキブリロボットを開発

生物が備える優れた機能や形状を、ロボット工学に応用する研究開発が世界各地で行われているが、カリフォルニア大学バークレー校では、ゴキブリにヒントを得た小型ロボットを開発した。このロボットは、薄っぺらで、すばしっこく、踏みつけても壊れない耐久性を備えているため、災害時に人や救助犬が入っていけない場所の捜索救助活動に有効だという。

大きめの郵便切手サイズで、キッチンの嫌われ者にも似たロボットは、ポリフッ化ビニリデン(PVDF)と呼ばれる圧電材料の薄いシートで作られている。圧電材料は電圧をかけると膨張/収縮するが、UCバークレーの研究者は、平坦なPVDFのシート全体をポリマーの層で覆い、電圧をかけると湾曲するように加工した。更に、電圧のオン/オフによる振動を前方への推進力に変えるため、前足を取り付けた。出来上がったロボットは、単純な外観ながら、注目に値する能力持つことになったという。

このロボットは、1秒あたり体長の20倍というゴキブリに匹敵する速度で、地表面を滑らかに飛ぶように走り、緩斜面を上り、ピーナッツ程度の小さな荷物を運ぶことができる。そのうえ、重さ10分の1グラム以下のロボットが、人間の平均的な体重とされる60キロの重さに耐えることだ。UCバークレー機械工学のLiwei Lin教授は、「このロボットは、人に踏みつけられてもまだ動き、機能する。ある意味、本物のゴキブリに似ている」と、述べている。

研究成果は、2019年7月31日付け『Science Robotics』誌に掲載されている。現在、ロボットは細いコードに繋がれているが、チームは自由度を高めるためバッテリーを搭載して実験を行っている。さらに、ロボットにガスセンサーを搭載し、障害物を迂回できるように設計の改良も行っているという。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 知識や経験なしでも出来たてビール造りを楽しめるスマート醸造機「INTHEKEG」 #CES2020
  2. ツーリングをより安全・快適に——バイク用スマートヘルメット「TALI」#CES2020
  3. オーム社、「APIではじめるディープラーニング・アプリケーション開発 Google Cloud API活用入門」発刊
  4. はんだ付けをアートに——「はんだ付けアートコンテスト2019」の入賞作品を発表
  5. バッテリー不要のコンピューター入力デバイスを開発——親指で人差し指側面をタップするだけ
  6. ビット・トレード・ワン、「奇天烈電子工作シリーズ」4種を発売
  7. DJ用の機材にまで進化し続けたポータブルレコードプレーヤー「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER GP-3B」
  8. 日本3Dプリンター、多様化するニーズに応じフィラメントを拡充するプログラムを開始
  9. 赤外線カメラから身を隠す——通常の熱放射現象を覆すコーティング材料を開発
  10. 店舗内の顧客数を自動集計できる1万円以下のAIカメラ「ManaCam」#CES2020

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る