新しいものづくりがわかるメディア

RSS


球体ロボットメーカーのSphero、STEAM教育キットを手掛けるlittleBitsを買収

教育向け球体ロボットを製造販売するSpheroは、STEAM教育キットを手掛けるlittleBits Electronicsの買収を発表した。

Spheroは2010年創立。「Sphero SPRK+」、「Sphero BOLT」などSTEAM教育向けロボットのほか、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で新キャラクターとして登場したドロイド「BB-8」のおもちゃを作ったことで有名な会社だ。

一方、littleBits Electronicsは2011年に創立。ブロックをつなぎ合わせて電子回路を作るSTEAM教育キットを70以上の国で販売している。今回の買収により、littleBits創業者のAyah Bdeir氏は会社を離れ、次の冒険を追求するという。

プレスリリースによれば、SpheroのロボットとlittleBitsのキットとを合わせた販売総額は5億ドル(約530億円)を超えていて、これまでに世界中の学校3万5000校で600万人以上の生徒と6万5000人の教師が利用している。この買収により、SpheroはSTEAM教育市場で最大の企業になるという。また、Spheroは、1500億ドル(約16兆円)もの教育テクノロジー産業を形成する立場にあるとしている。

littleBitsの買収により、Sphereのポートフォリオにはロボット、エレクトロニクス、ソフトウェア、IoTに関する140以上の特許が含まれることになる。Spheroは、国際的な成長を加速させ、他の企業や製品を買収して、STEAM製品やツールのポートフォリオをさらに拡大する計画だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. マイコンによる電子工作を基礎から解説——工学社、「Mbedを使った電子工作プログラミング」発刊
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. 2.4インチLCD搭載し、ArduinoとMicroPythonコンパチ——小型IoTモジュール向け開発ボード「Wio Terminal」国内販売開始
  4. 巣ごもり期間のAI学習に——XSHELL、Raspberry Pi 4とカメラがセットになったオンライン教材「ツクレルマイPC」発売
  5. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  6. IoT初心者向けのプログラミング解説書——シーアンドアール研究所、「M5Stack&M5StickCではじめるIoT入門」発刊
  7. 光を使った「水中IoT」——エネルギーとデータを同時に水中伝送するシステムの研究
  8. テレワークで大活躍! キットできっと作れるZoom専用キーボード
  9. 個人の趣味の工作室から業務用まで——卓上型CO2レーザー加工機「RSD-SUNMAX-LT1390」発売
  10. スワニー、作業用フェイスシールドの3Dプリント用データを無料公開

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る