新しいものづくりがわかるメディア

RSS


球体ロボットメーカーのSphero、STEAM教育キットを手掛けるlittleBitsを買収

教育向け球体ロボットを製造販売するSpheroは、STEAM教育キットを手掛けるlittleBits Electronicsの買収を発表した。

Spheroは2010年創立。「Sphero SPRK+」、「Sphero BOLT」などSTEAM教育向けロボットのほか、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で新キャラクターとして登場したドロイド「BB-8」のおもちゃを作ったことで有名な会社だ。

一方、littleBits Electronicsは2011年に創立。ブロックをつなぎ合わせて電子回路を作るSTEAM教育キットを70以上の国で販売している。今回の買収により、littleBits創業者のAyah Bdeir氏は会社を離れ、次の冒険を追求するという。

プレスリリースによれば、SpheroのロボットとlittleBitsのキットとを合わせた販売総額は5億ドル(約530億円)を超えていて、これまでに世界中の学校3万5000校で600万人以上の生徒と6万5000人の教師が利用している。この買収により、SpheroはSTEAM教育市場で最大の企業になるという。また、Spheroは、1500億ドル(約16兆円)もの教育テクノロジー産業を形成する立場にあるとしている。

littleBitsの買収により、Sphereのポートフォリオにはロボット、エレクトロニクス、ソフトウェア、IoTに関する140以上の特許が含まれることになる。Spheroは、国際的な成長を加速させ、他の企業や製品を買収して、STEAM製品やツールのポートフォリオをさらに拡大する計画だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 知識や経験なしでも出来たてビール造りを楽しめるスマート醸造機「INTHEKEG」 #CES2020
  2. ツーリングをより安全・快適に——バイク用スマートヘルメット「TALI」#CES2020
  3. オーム社、「APIではじめるディープラーニング・アプリケーション開発 Google Cloud API活用入門」発刊
  4. はんだ付けをアートに——「はんだ付けアートコンテスト2019」の入賞作品を発表
  5. バッテリー不要のコンピューター入力デバイスを開発——親指で人差し指側面をタップするだけ
  6. ビット・トレード・ワン、「奇天烈電子工作シリーズ」4種を発売
  7. DJ用の機材にまで進化し続けたポータブルレコードプレーヤー「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER GP-3B」
  8. 日本3Dプリンター、多様化するニーズに応じフィラメントを拡充するプログラムを開始
  9. 赤外線カメラから身を隠す——通常の熱放射現象を覆すコーティング材料を開発
  10. 店舗内の顧客数を自動集計できる1万円以下のAIカメラ「ManaCam」#CES2020

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る