新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマホ画面で位置合わせできる——簡単操作のレーザーカッター「EtcherLaser」

smartDIYsは、内蔵カメラで映像を確認しながら簡単に位置合わせができるレーザーカッター「EtcherLaser」を発売した。

photo

同社によると、レーザーカッターで加工する素材と加工データの位置合わせには、レーザーポインターやレーザーヘッドが動く位置を参考にする方法が一般的だが、これらの方法は初心者には難しかった。EtcherLaserは、搭載したカメラで装置内を撮影してスマートフォンアプリに取り込み、スマートフォンの画面上で素材の位置を指定することで、容易に位置合わせができるのが特徴だ。

photo

手書きのイラストや写真も、スマートフォンアプリで簡単にデータ化し、必要なら加工を施して使用できる。PC版のアプリでは、IllustratorやCADで作成したデータも使用できる。

photo

装置に入らないサイズの素材へ対応するため、「底部取り外し可能タイプ」も用意している。レーザー出力1.6Wと3.5Wの2タイプがあり、カット可能な厚さは、1.6Wタイプが約1.5mm、3.5Wタイプが約3mmまでだ。加工可能な素材は紙や木材、布、革、プラスチックなど。チョコレートなどの一部の食品も加工可能だ。

photo

加工エリアは297×216mm、レーザーには445nm青色レーザダイオードを採用する。電源は家庭用電源 AC100V~240Vで、サイズは570×470×200mm、重量は約12kgとなる。本体の他に、台座および保護メガネ(いずれも底部取り外し可能タイプのみ)、USBケーブル、ACアダプターが付属する。

photo 集塵機

価格は、通常モデルが1.6Wタイプで8万9800円、3.5Wタイプで11万4800円、底部取り外し可能タイプが1.6Wタイプで10万4800円、3.5Wタイプで12万9800円(いずれも税別)となる。加工時の煙や臭いを抑える集塵機および排気ファンキットがオプションで用意されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る