新しいものづくりがわかるメディア

RSS


THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ

CQ出版は、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」を2019年9月17日に発売する予定だ。

同キットは、OPアンプを利用した電圧増幅段と、アイドリング電流が少なくひずみが小さいトランスリニア出力段を組み合わせた、パワーアンプ(40W出力)の部品セットだ。

トランスリニア出力段の採用により、ひずみを極限まで最小化。さらに微細なアートワークと部品レイアウトなどによって、基板と空中に存在するエネルギー経路をコントロールし、世界最高クラスのTHD+N 0.0003%を実現している。

セットにはパワーアンプ基板、電源基板のほか、電子部品やヒートシンクケース、技術解説記事や組み立てマニュアルを収録したCD-ROMが付属する。

開発/設計は黒田徹氏。価格は10万円(税込)で、送料/代金引換手数料は無料だ。Webサイトから予約申込書をダウンロードして必要事項を記入の上、同社販売部にFAX送信する必要がある。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 星や銀河を全自動で観測/撮影できるスマート天体望遠鏡カメラ「Vespera」 #CES2021
  2. 壁の中をスキャンしてくぎなどの位置を検出できるDIYツール「Walabot DIY 2」 #CES2021
  3. Apple Watchをヘッドマウント——スカウター型スマートグラス「ホロスター」
  4. レトロゲームが遊べる、作曲ができる——ゲームボーイ互換のポータブルゲーム機「Analogue Pocket」 #CES2021
  5. Raspberry Pi Zero用カメラポート付きUSBハブモジュール「Moon Pi Hub Cam」
  6. カメラなしでスマートホーム化、5種類のセンサーを備えたスマートセンサー「OVAL」 #CES2021
  7. DMM.make、「PostPro 3D」を使った3Dプリント品の特殊表面処理サービスを開始
  8. ワイヤレスイヤホンと一体化したフェイスマスク「MaskFone」#CES2021
  9. それ、M5でつくれるよ ——猫をつくれるよ
  10. アフレル、AIロボティクス教材「ロボットではじめる深層学習TensorFlow × 画像認識 × EV3」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る