新しいものづくりがわかるメディア

RSS


THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ

CQ出版は、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」を2019年9月17日に発売する予定だ。

同キットは、OPアンプを利用した電圧増幅段と、アイドリング電流が少なくひずみが小さいトランスリニア出力段を組み合わせた、パワーアンプ(40W出力)の部品セットだ。

トランスリニア出力段の採用により、ひずみを極限まで最小化。さらに微細なアートワークと部品レイアウトなどによって、基板と空中に存在するエネルギー経路をコントロールし、世界最高クラスのTHD+N 0.0003%を実現している。

セットにはパワーアンプ基板、電源基板のほか、電子部品やヒートシンクケース、技術解説記事や組み立てマニュアルを収録したCD-ROMが付属する。

開発/設計は黒田徹氏。価格は10万円(税込)で、送料/代金引換手数料は無料だ。Webサイトから予約申込書をダウンロードして必要事項を記入の上、同社販売部にFAX送信する必要がある。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  3. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  4. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  9. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  10. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る