新しいものづくりがわかるメディア

RSS


キューブ型コントローラーでゲームプレイ——携帯ゲームプラットフォーム「Joyscube」

キューブを押したり傾けたり、キューブ同士をつなげたりして様々なゲームがプレイできる「Joyscube」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

Joyscubeは、対話型のシステムを採用した持ち運び可能なゲームシステム。メインシステムを搭載した本体(ベース)と、タッチディスプレイ付コントローラー(キューブ)で構成されている。キューブの4つの側面に搭載したセンサーと上面の1.44インチLCDタッチスクリーンのおかげで、キューブを動かしたりタッチしたり、キューブ同士をつなげたりすると、動きに連動した様々な反応をゲームへの入力に利用することができる。

photo

キューブはBluetooth内蔵で、Windows 10またはAndroidデバイスに接続可能で、市販のゲーム用コントローラーや、VRアプリケーションのコントローラーとしても使える。

photo

キューブは最大12個まで接続可能で、キューブを増やすことでプレイできるゲームも増える。ゲームはプリインストールされたもののほか、公式Webサイトからもダウンロード可能だ。新たなゲームが開発できるSDKも用意されている。

photo

大きさは、ベースが97.2×48.8×20.5mm、キューブが48.4×48.4×20.5mm。ベースには単四電池2本、キューブには単四電池1本が必要だ。

photo

ベース×1とキューブ×3が入っている基本セットは、特別早割価格で941香港ドル(約1万2800円)。出荷は2019年12月の予定で、日本への送料は79香港ドル(約1050円)だ。

Joyscubeは、2019年10月6日までクラウドファンディングを実施中。9月13日時点で、7万8452香港ドル(約106万円)の目標額を上回る約11万香港ドル(約150万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  3. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  4. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  9. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  10. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る