新しいものづくりがわかるメディア

RSS


小学生でもロボコンにチャレンジ——NHKエンタープライズ、「小学生ロボコン」開催

NHKエンタープライズは、プログラミングを学びながら最新のロボット作りにチャレンジする「小学生ロボコン」への参加を募集している。

photo

小学生ロボコンは、3人1チームが5日間かけて新しい1台のアイデアロボットを作り、6日目の競技会で優勝チームを決める大会だ。出場資格は小学4~6年生で、スタートからゴールまでのタイムを競うスピード部門と、課題をクリアする独自のアイデアを競うアイデア部門にて、優勝と準優勝を決定する。

photo

基本パーツが揃っている推奨キットを購入するか、自分で規定のパーツを集めて、モーターと電池と結束バンドを使って課題をクリアするロボットを作る。決められた材料以外、唯一の決まりは、モーターの軸に直接取り付けていいのは結束バンドだけだ。

全国本大会へ出場するための1次予選は、自宅に競技フィールドを再現して、ロボットが課題に挑戦する様子を撮影して応募フォームから申し込むビデオ審査だ。1次予選を通過した競技部門12名、アイデア部門12名が予選会決勝大会に進み、各部門6名ずつ(計12名)が小学生ロボコン全国本大会への出場権を獲得する。予選会以外に、全国本大会への参加方法として、書類選考枠もある。

ビデオ審査による全国予選会の応募期間は、2019年11月25日まで。通過者24名には、12月6日までにメールで発表し、12月28日に全国予選会決勝大会が行われる。書類審査の受付は、2019年12月16日~2020年1月13日 。2020年2月の土日祝 5日間が出場者のロボづくりのワークショップで、3月1日にサンシャインシティ噴水広場で、小学生ロボコン2020全国大会が開催される。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る