新しいものづくりがわかるメディア

RSS


大型台車ロボットをレンタルで提供——ヴイストン、研究開発用移動台車ロボット「メガローバーVer2.0」のレンタルサービスを開始

ヴイストンは、大型台車ロボット「メガローバーVer2.0」のレンタルサービスを開始した。

同社の大型台車ロボットは、Arduino互換基板の搭載による取り扱いの容易性や、アルミ天板加工によるカスタマイズ性、ROSデバイスとしても動作可能な汎用性、十分な可搬重量といった特徴を備えている。

こうしたロボットについて、本体代金を費用化したいといった要望や、短期間で評価したいというリクエストが多く、これに応える形でのレンタルサービス開始となる。

10日間を基本とした短期レンタルと、6カ月程度以上を想定した長期レンタルの2種類をラインアップ。短期レンタルはメガローバーVer2.0の基本的な動作確認や導入検討向けのコースで、実機を用いた動作確認や、本格導入前の検証や詳細仕様確認などに適している。

一方、長期レンタルではメガローバーVer2.0を用いた本格的な開発作業が可能だ。本体の導入代金をレンタル費用として扱えるだけでなく、ユーザーサイドでのメガローバー本体への改造や改変もできる。

レンタル期間中は、メガローバー本体を購入する場合と同様に取り扱えるため、高度で複雑な開発作業にも応用できる。通常のメガローバーVer2.0機体のみをレンタルできるプラン(長期レンタルA)に加えて、前後のバンパーセンサーとレーザーレンジファインダーが装備されたプラン(長期レンタルB)も用意する。

費用は短期レンタルが10日間5000円、長期レンタルAは初回6カ月4万円(契約延長時:月2万円)、長期レンタルBが初回6カ月6万円(契約延長時:月2万5000円)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. スイッチサイエンス、Raspberry Pi Pico用ディスプレイモジュール2種を発売
  4. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  5. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  6. 5G通信網を使ってスマホをワイヤレス充電——新しいミリ波ワイヤレス給電システムを開発
  7. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  8. 世界初の木製人工衛星が今年宇宙に
  9. ジョイスティックで動く小型ロボット犬「TiBeast」
  10. コガネイ、空気圧人工筋肉用コントローラー「PMCシリーズ」販売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る