新しいものづくりがわかるメディア

RSS


大型台車ロボットをレンタルで提供——ヴイストン、研究開発用移動台車ロボット「メガローバーVer2.0」のレンタルサービスを開始

ヴイストンは、大型台車ロボット「メガローバーVer2.0」のレンタルサービスを開始した。

同社の大型台車ロボットは、Arduino互換基板の搭載による取り扱いの容易性や、アルミ天板加工によるカスタマイズ性、ROSデバイスとしても動作可能な汎用性、十分な可搬重量といった特徴を備えている。

こうしたロボットについて、本体代金を費用化したいといった要望や、短期間で評価したいというリクエストが多く、これに応える形でのレンタルサービス開始となる。

10日間を基本とした短期レンタルと、6カ月程度以上を想定した長期レンタルの2種類をラインアップ。短期レンタルはメガローバーVer2.0の基本的な動作確認や導入検討向けのコースで、実機を用いた動作確認や、本格導入前の検証や詳細仕様確認などに適している。

一方、長期レンタルではメガローバーVer2.0を用いた本格的な開発作業が可能だ。本体の導入代金をレンタル費用として扱えるだけでなく、ユーザーサイドでのメガローバー本体への改造や改変もできる。

レンタル期間中は、メガローバー本体を購入する場合と同様に取り扱えるため、高度で複雑な開発作業にも応用できる。通常のメガローバーVer2.0機体のみをレンタルできるプラン(長期レンタルA)に加えて、前後のバンパーセンサーとレーザーレンジファインダーが装備されたプラン(長期レンタルB)も用意する。

費用は短期レンタルが10日間5000円、長期レンタルAは初回6カ月4万円(契約延長時:月2万円)、長期レンタルBが初回6カ月6万円(契約延長時:月2万5000円)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ベンツに乗りながらゴキジェットを噴射してくれる恋人が完成しました
  2. Raspberry Piに5Vを安定供給——モニタリング機能付パワーHAT「Abbycus V Series」
  3. 誠文堂新光社、子ども向けプログラミング入門書「ジブン専用パソコン Raspberry Piでプログラミング」発刊
  4. Digi-Key、12ビット高精細オシロスコープ「WaveSurfer 4000HD」発売
  5. 30W CO2レーザーで1000dpiの刻印——デスクトップ型レーザー加工機「beamo」
  6. 着るだけで生体情報を測定——ウェアラブルマルチ生体センサー「Astroskin」の輸入販売を開始
  7. 3Dプリンター長期使用レビュー:2つのノズルを使い倒せ! 「FLASHFORGE Creator3」
  8. プログラミング初級からAI技術まで——デアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」の2次募集を開始
  9. 私がカセットテープDJになった理由(ワケ) By 大江戸テクニカ
  10. 実務にそのまま使える物理を学べる——サイバネット、現役エンジニア向けオンライン教材「オトナの物理」を販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る