新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Neural Compute Stick 2とAtomic PiでAI開発——「Neural Computing Development Kit」

Intel Atomを搭載する「Atomic Pi」とUSBスティック型ハードウェアアクセラレータ「Neural Compute Stick 2」を組み合わせたAI開発用キット「Neural Computing Development Kit」がKickstarterに登場、人気を集めている。

photo

Neural Computing Development Kitは、タブレットPC向けSoC Intel Atom x5-Z8350を搭載するAtomic Piをベースに、IntelのNeural Compute Stick 2やマシンビジョンカメラなどと組み合わせて、Linuxベースの柔軟で電力効率の高いAI、ニューラルコンピューティング、Movidius VPU、マシンビジョンシステムの構築が簡単にできるキットだ。

photo

同キットには、Atomic PiとNeural Compute Stick 2のほかに、ブレイクアウトボード、5V 5A電源、マシンビジョンカメラ、ケーブル、クイックスタートガイドを含む。Atomic PiにはUbuntuとOpenVinoがプリロードされ、キット購入者は「Intel Distribution of OpenVINO toolkit」をインストールすることもできる。また、サンプルコードも多数用意する予定だ。

早割価格は99ドル(約1万600円)と、かなり低く抑えられているが、残念ながら発送はアメリカ国内に限られている。

なお、2019年10月16日までクラウドファンディングを実施中。10月11日時点で、1500ドル(約16万1000円)の目標額を上回る約9600ドル(約104万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. コンセントに挿すだけで使える——アイ・オー・データ、電源一体型Raspberry Pi「Pi-Plug」発売
  2. 50年来の信号処理に関する謎が解かれる、逆高速フーリエ変換がついに一般化
  3. 可愛いアクセサリーを作ろう——電子基板を使ったアクセサリー工作キット「マイリトルエンジニア」
  4. Raspberry Piをタブレットで使おう——ワンボードマイコンとタブレットをセットできる「Tablet Frame Kit」
  5. マイリュックはMacintosh SE/30! 89年製Macを最新LEDリュックに大改造
  6. 場所を選ばずプログラミングできる——学校用プログラミング教材「IchigoDyhook」予約受付開始
  7. MS Excelで機械学習を学ぶ——インプレス、機械学習の入門書「直感でわかる!Excelで機械学習」発刊
  8. 米ライス大、防弾構造を持つプラスチックを3Dプリントで作製
  9. 自作プロジェクトに活用できる——オープンソースのDIYタブレット「Ntablet」
  10. 液滴を微細化して正確にコントロールする技術——より高精細な3Dプリンティングが可能に

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る