新しいものづくりがわかるメディア

RSS


三井化学とエレファンテックが戦略的提携——プリンテッドエレクトロニクス分野の技術推進で協力

三井化学とエレファンテックは、インクジェットによる新しいものづくりの生産技術開発と量産化推進のための戦略的提携に合意したことを発表した。

東京大学発スタートアップ企業のエレファンテックは、インクジェット技術を使ってこれまでの15分の1のエネルギー量、および13分の1の水消費量でフレキシブル基板を製造できる基板製造事業を拡大している。

今回の提携では、三井化学がエレファンテックに対して出資を行うと共に、三井化学名古屋工場内の建屋および工場インフラをエレファンテックに提供。エレファンテックは三井化学の支援を受け、2020年9月を目処に、インクジェットによるフレキシブル基板製造の量産ライン構築を目指すと共に、新たなものづくりを実現するインクジェット製造ラインの開発も行う。

エレファンテックでは、今後立体樹脂上への配線形成やバイオセンサー材料の印刷など、インクジェットによるフレキシブル基板製造技術の応用範囲を広げる開発などを実現していく。また、三井化学では、プリンテッドエレクトロニクス分野を皮切りとして、インクジェットによる付加製造技術(Additive Manufacturing)の拡大と社会実装に向けて、素材からの革新を目指すとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. どちらの結び方が強いのか?——MIT、結び目の安定性を予測する数学モデルを作成
  2. 1950年代のフライス盤をCNC化する「Arno goes CNC」プロジェクト
  3. TechShopが日本に遺したもの、ポスト・メイカームーブメント時代のメイカースペースのあり方
  4. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  5. 中国武術 vs. 3Dプリント4番勝負!——その素材は鉄の武器に耐えられるか
  6. コンパクト&高出力! カメラ内蔵レーザーカッター「beamo」レビュー
  7. サッカークラブのリバプールFC、試合分析にデータサイエンスを活用——効果は絶大でプレミアリーグ首位を独走中
  8. 翔泳社、「Pythonで動かして学ぶ!あたらしいIoTの教科書」を刊行
  9. 特許をサブスクで取得可能——テクノアイデア、「ライセンスバンク」を提供開始
  10. Raspberry Pi4 model BでTensorflow.jsやPythonの基礎を学習——「はじめてのAIプログラム学習キット4」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る