新しいものづくりがわかるメディア

RSS


BCN3D、3Dプリンター「Sigma R19」/「Sigmax R19」をオープンソース化して公開

スペインの3DプリンターメーカーBCN3Dは、FFF(熱溶融積層)方式3Dプリンター「Sigma R19」と「Sigmax R19」をオープンソース化し、データを公開した。

photo Sigma R19

2018年9月に発売された両モデルは、デュアルエクストルーダーやフィラメント切れセンサーなどを搭載したプロフェッショナル向け3Dプリンターだ。

photo Sigmax R19

今回オープンソースとして公開されたのは、CADデザインやソースファイルだけでなく、製造やテスト、アセンブルといったプロダクションに関する情報も含まれる。データはメカニクス、エレクトロニクス、ファームウェア、ソフトウェア、プロセスエンジニアリングの5つのキーエリアに分けられ、BCN3D GitHubリポジトリにホスティングされている。

photo

同社は、2015年に「Sigma Original」、2018年に「Sigmax Original」のファイルを公開している。こうしたオープンソース哲学に基づき、長期にわたるデザインや調査を経て造られた3Dプリンターのソースを、自信を持ってコミュニティにシェアするとしている。

photo

Sigma R19とSigmax R19のデータファイルは、同社の公式HPからダウンロードできる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ベンツに乗りながらゴキジェットを噴射してくれる恋人が完成しました
  2. Raspberry Piに5Vを安定供給——モニタリング機能付パワーHAT「Abbycus V Series」
  3. 誠文堂新光社、子ども向けプログラミング入門書「ジブン専用パソコン Raspberry Piでプログラミング」発刊
  4. Digi-Key、12ビット高精細オシロスコープ「WaveSurfer 4000HD」発売
  5. 30W CO2レーザーで1000dpiの刻印——デスクトップ型レーザー加工機「beamo」
  6. 着るだけで生体情報を測定——ウェアラブルマルチ生体センサー「Astroskin」の輸入販売を開始
  7. 3Dプリンター長期使用レビュー:2つのノズルを使い倒せ! 「FLASHFORGE Creator3」
  8. プログラミング初級からAI技術まで——デアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」の2次募集を開始
  9. 私がカセットテープDJになった理由(ワケ) By 大江戸テクニカ
  10. 実務にそのまま使える物理を学べる——サイバネット、現役エンジニア向けオンライン教材「オトナの物理」を販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る