新しいものづくりがわかるメディア

RSS


BCN3D、3Dプリンター「Sigma R19」/「Sigmax R19」をオープンソース化して公開

スペインの3DプリンターメーカーBCN3Dは、FFF(熱溶融積層)方式3Dプリンター「Sigma R19」と「Sigmax R19」をオープンソース化し、データを公開した。

photo Sigma R19

2018年9月に発売された両モデルは、デュアルエクストルーダーやフィラメント切れセンサーなどを搭載したプロフェッショナル向け3Dプリンターだ。

photo Sigmax R19

今回オープンソースとして公開されたのは、CADデザインやソースファイルだけでなく、製造やテスト、アセンブルといったプロダクションに関する情報も含まれる。データはメカニクス、エレクトロニクス、ファームウェア、ソフトウェア、プロセスエンジニアリングの5つのキーエリアに分けられ、BCN3D GitHubリポジトリにホスティングされている。

photo

同社は、2015年に「Sigma Original」、2018年に「Sigmax Original」のファイルを公開している。こうしたオープンソース哲学に基づき、長期にわたるデザインや調査を経て造られた3Dプリンターのソースを、自信を持ってコミュニティにシェアするとしている。

photo

Sigma R19とSigmax R19のデータファイルは、同社の公式HPからダウンロードできる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  10. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る