新しいものづくりがわかるメディア

RSS


BCN3D、3Dプリンター「Sigma R19」/「Sigmax R19」をオープンソース化して公開

スペインの3DプリンターメーカーBCN3Dは、FFF(熱溶融積層)方式3Dプリンター「Sigma R19」と「Sigmax R19」をオープンソース化し、データを公開した。

photo Sigma R19

2018年9月に発売された両モデルは、デュアルエクストルーダーやフィラメント切れセンサーなどを搭載したプロフェッショナル向け3Dプリンターだ。

photo Sigmax R19

今回オープンソースとして公開されたのは、CADデザインやソースファイルだけでなく、製造やテスト、アセンブルといったプロダクションに関する情報も含まれる。データはメカニクス、エレクトロニクス、ファームウェア、ソフトウェア、プロセスエンジニアリングの5つのキーエリアに分けられ、BCN3D GitHubリポジトリにホスティングされている。

photo

同社は、2015年に「Sigma Original」、2018年に「Sigmax Original」のファイルを公開している。こうしたオープンソース哲学に基づき、長期にわたるデザインや調査を経て造られた3Dプリンターのソースを、自信を持ってコミュニティにシェアするとしている。

photo

Sigma R19とSigmax R19のデータファイルは、同社の公式HPからダウンロードできる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. どちらの結び方が強いのか?——MIT、結び目の安定性を予測する数学モデルを作成
  2. 1950年代のフライス盤をCNC化する「Arno goes CNC」プロジェクト
  3. TechShopが日本に遺したもの、ポスト・メイカームーブメント時代のメイカースペースのあり方
  4. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  5. 中国武術 vs. 3Dプリント4番勝負!——その素材は鉄の武器に耐えられるか
  6. コンパクト&高出力! カメラ内蔵レーザーカッター「beamo」レビュー
  7. サッカークラブのリバプールFC、試合分析にデータサイエンスを活用——効果は絶大でプレミアリーグ首位を独走中
  8. 翔泳社、「Pythonで動かして学ぶ!あたらしいIoTの教科書」を刊行
  9. 特許をサブスクで取得可能——テクノアイデア、「ライセンスバンク」を提供開始
  10. Raspberry Pi4 model BでTensorflow.jsやPythonの基礎を学習——「はじめてのAIプログラム学習キット4」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る