新しいものづくりがわかるメディア

RSS


室内照明で発電——タグキャスト、IoTシート「PaperBeacon」のプロトタイプ開発に成功

PaperBeaconのイメージ

帝人、セルクロス、タグキャストは、IoTシート「PaperBeacon」について、色素増感太陽電池を電源とするプロトタイプの開発に成功したと発表した。

今回発表されたプロトタイプの特徴は、帝人のシート製造技術、セルクロスの2次元通信技術による「セルフォーム」と、タグキャストの「TAGCAST」で開発された同製品に、シャープが開発した色素増感太陽電池を電源に採用したビーコンモジュールを搭載し、室内照明での発電が可能となったことだ。屋内の非常灯の下など、50ルクス程度の暗所でも安定して動作する。

同製品はデスクをIoT化するために飲食店やオフィスなどで利用されているが、約1年半で電池交換が必要だった。今回発表されたプロトタイプは室内照明で発電するため電池交換が不要で、電池交換のメンテナンスから解放される。

座席管理システム「Suwary」

第1弾として、プラス(東京都港区)のオフィスにおける多様な働き方をサポートするための座席管理システム「Suwary」に対応し、実証実験を開始している。

PaperBeaconを利用したSuwaryは、同社のショールーム「+PLUS」で開催される、オフィス家具の新製品展示会「PLUS Furniture Fair 2020」の後半2日間(2019年11月7日~8日)で展示している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1ポンド硬貨より小さいArduino互換の超小型マイコン「Piksey Atto」
  2. アクアリウムの管理を自動化しよう——水質自動管理システム「Leviathan」
  3. それ、ラズパイでつくれるよ——メッセだけならラズパイでいい
  4. ラヤマパック、手動真空成形機「V.former Lab」の販売を開始
  5. スタートアップは日本で量産できない——深センのジェネシスがスタートアップの駆け込み寺EMSになった理由
  6. コンパクトながら30Wのレーザーを搭載——レーザー加工機「beamo」がKibidangoに登場
  7. 70万円台で手に入るEV——3Dプリント製超小型電気自動車「YoYo」
  8. 考えるだけで自在にコントロールできるAI搭載義手、2020年中に販売開始を予定
  9. マクニカ、「SENSPIDER」用の開発キット「SENSPIDER Developers Package」をリリース
  10. 過酷な環境でも安定する音声コミュニケーションデバイスを目指して——「BONX mini」開発の苦悩

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る