新しいものづくりがわかるメディア

RSS


室内照明で発電——タグキャスト、IoTシート「PaperBeacon」のプロトタイプ開発に成功

PaperBeaconのイメージ

帝人、セルクロス、タグキャストは、IoTシート「PaperBeacon」について、色素増感太陽電池を電源とするプロトタイプの開発に成功したと発表した。

今回発表されたプロトタイプの特徴は、帝人のシート製造技術、セルクロスの2次元通信技術による「セルフォーム」と、タグキャストの「TAGCAST」で開発された同製品に、シャープが開発した色素増感太陽電池を電源に採用したビーコンモジュールを搭載し、室内照明での発電が可能となったことだ。屋内の非常灯の下など、50ルクス程度の暗所でも安定して動作する。

同製品はデスクをIoT化するために飲食店やオフィスなどで利用されているが、約1年半で電池交換が必要だった。今回発表されたプロトタイプは室内照明で発電するため電池交換が不要で、電池交換のメンテナンスから解放される。

座席管理システム「Suwary」

第1弾として、プラス(東京都港区)のオフィスにおける多様な働き方をサポートするための座席管理システム「Suwary」に対応し、実証実験を開始している。

PaperBeaconを利用したSuwaryは、同社のショールーム「+PLUS」で開催される、オフィス家具の新製品展示会「PLUS Furniture Fair 2020」の後半2日間(2019年11月7日~8日)で展示している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ベンツに乗りながらゴキジェットを噴射してくれる恋人が完成しました
  2. Raspberry Piに5Vを安定供給——モニタリング機能付パワーHAT「Abbycus V Series」
  3. 誠文堂新光社、子ども向けプログラミング入門書「ジブン専用パソコン Raspberry Piでプログラミング」発刊
  4. Digi-Key、12ビット高精細オシロスコープ「WaveSurfer 4000HD」発売
  5. 30W CO2レーザーで1000dpiの刻印——デスクトップ型レーザー加工機「beamo」
  6. 着るだけで生体情報を測定——ウェアラブルマルチ生体センサー「Astroskin」の輸入販売を開始
  7. 3Dプリンター長期使用レビュー:2つのノズルを使い倒せ! 「FLASHFORGE Creator3」
  8. プログラミング初級からAI技術まで——デアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」の2次募集を開始
  9. 私がカセットテープDJになった理由(ワケ) By 大江戸テクニカ
  10. 実務にそのまま使える物理を学べる——サイバネット、現役エンジニア向けオンライン教材「オトナの物理」を販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る