新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマホを使って簡単3Dスキャン——スマートフォン用3Dスキャナー「Phiz」

スマートフォンを使って簡単に3Dスキャンができる小型3Dスキャナー「Phiz」がKickstarterに登場し、わずか4時間以内で目標額を達成する人気を集めている。

photo

Phizは、手ごろな値段で、精密な3Dモデルが作れる小型3Dスキャナーだ。スマートフォンやPCのカメラを利用することで、高解像度の3Dスキャンが楽しめる。3DアニメやVR/ARの作成、リバースエンジニアリング向けに利用できる。

photo

スキャン時は、ターンテーブルに対象物を置き、PCの場合はレーザーモジュール(Phiz Bezel)、スマートフォンの場合はフォンタワー(Phiz Beacon)を取り付けて、アプリのスキャンボタンを押すだけだ。レーザー三角測量と写真測量、さらに機械学習を搭載しているので、周囲の照明、対象物の反射率、距離から自動的にパラメータを最適化し、対象物の本来の色を再現したリアルな3Dスキャンができるという。

photo

Phiz Bezelの大きさは46×44×27mm、Phiz Beaconの大きさは75×75×130mm。レーザーの出力は5mW。ターンテーブルの大きさは150×150×67mm、スキャンサイズは400×400×400mm、最大荷重は2.0kg。スキャン精度は0.2mmだ。

photo

また、プラットフォーム「KIRI Hub」も用意し、クリエイター、エンジニア、研究者らが作品を共有し、創造の幅を広げられる場を提供する。

photo

早割価格は、Phiz Bezelとターンテーブルのセット「Phiz Lite」が259カナダドル(約2万1500円)、さらにPhiz Beaconも加えた「Phizフルセット」が299カナダドル(約2万5000ドル)。出荷は2019年12月の予定で、送料は無料だ。3Dプリンター「ANET N4」をあわせたセットも用意している。

photo

Phizは、2019年11月22日までクラウドファンディングを実施中。11月8日時点で、7万カナダドル(約582万円)の目標額を大幅に上回る約22万4000カナダドル(約1840万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  2. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  3. ご先祖様を3Dプリント精霊馬に乗せて、首都高を爆走させたい!
  4. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  5. クラウドファンディングで約8000万円を集めたインスタコードからMakerが学ぶべき点とは
  6. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供
  7. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  8. パソコンの仕組みが学べる——TSUKUMO、組み立てて作るWindowsタブレット「Kano PC」の取り扱いを開始
  9. 最先端新技術で寿司を握る——OPEN MEALSの「超未来すし屋」、2020年東京にオープン
  10. micro:bitで動くロボットカー——STEM教育向けロボット「TPBot」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る