新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマホを使って簡単3Dスキャン——スマートフォン用3Dスキャナー「Phiz」

スマートフォンを使って簡単に3Dスキャンができる小型3Dスキャナー「Phiz」がKickstarterに登場し、わずか4時間以内で目標額を達成する人気を集めている。

photo

Phizは、手ごろな値段で、精密な3Dモデルが作れる小型3Dスキャナーだ。スマートフォンやPCのカメラを利用することで、高解像度の3Dスキャンが楽しめる。3DアニメやVR/ARの作成、リバースエンジニアリング向けに利用できる。

photo

スキャン時は、ターンテーブルに対象物を置き、PCの場合はレーザーモジュール(Phiz Bezel)、スマートフォンの場合はフォンタワー(Phiz Beacon)を取り付けて、アプリのスキャンボタンを押すだけだ。レーザー三角測量と写真測量、さらに機械学習を搭載しているので、周囲の照明、対象物の反射率、距離から自動的にパラメータを最適化し、対象物の本来の色を再現したリアルな3Dスキャンができるという。

photo

Phiz Bezelの大きさは46×44×27mm、Phiz Beaconの大きさは75×75×130mm。レーザーの出力は5mW。ターンテーブルの大きさは150×150×67mm、スキャンサイズは400×400×400mm、最大荷重は2.0kg。スキャン精度は0.2mmだ。

photo

また、プラットフォーム「KIRI Hub」も用意し、クリエイター、エンジニア、研究者らが作品を共有し、創造の幅を広げられる場を提供する。

photo

早割価格は、Phiz Bezelとターンテーブルのセット「Phiz Lite」が259カナダドル(約2万1500円)、さらにPhiz Beaconも加えた「Phizフルセット」が299カナダドル(約2万5000ドル)。出荷は2019年12月の予定で、送料は無料だ。3Dプリンター「ANET N4」をあわせたセットも用意している。

photo

Phizは、2019年11月22日までクラウドファンディングを実施中。11月8日時点で、7万カナダドル(約582万円)の目標額を大幅に上回る約22万4000カナダドル(約1840万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. リアルタイムモニター付きRaspberry Pi用無停電電源ボード「UPS HAT For Raspberry Pi」
  2. ラズパイでクラスタリング——Raspberry Pi 4 Compute Module対応4ノードクラスター「Turing Pi 2」
  3. たかがニッパー、されどニッパー。ニッパーを笑うものはニッパーに泣く! 【ギャル電きょうこの意識の低い工具入門】
  4. 旧OSが必要なユーザーに向けて——Raspberry Pi財団、BusterベースのOS「Legacy」を発表
  5. 「Arduino IDE」が2.0へ——Arduino IDE 2.0 RCを公開
  6. USBドングルタイプのM5Stack IoT開発キット「ATOM U」発売
  7. 3つのモデルでさまざまな加工に対応——コンパクトでハイパワーなレーザー加工機「HiLaser Z」シリーズ
  8. Dr.片山の100均ロボット研究室 おもちゃの電車を載せるだけ! 手のひらサイズの6脚歩行ロボット
  9. スイッチサイエンスが「Arduino Nano 33 BLE」「Arduino Nano 33 BLE Sense」を発売
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る