新しいものづくりがわかるメディア

RSS


4ch同時計測にも対応——オシロスコープ機能付ペン型マルチメーター「Pokit PRO」

スマートフォンと連動して使えるペン型多機能計測器「Pokit PRO」がKickstarterに登場し、目標額を大きく上回る人気を集めている。

photo

Pokit PROは、デジタルテスター、オシロスコープ、データロガーの3つの機能をひとつにしたコンパクトで携帯に便利な計測器。2017年12月にクラウドファンディングを成功させた小型マルチメータ—「Pokit」の後継機で、計測範囲の拡大やマルチチャンネル計測に対応した。

photo

テスターの計測範囲は、電圧600VDC/AC(RMS)、電流10A、抵抗1MΩまで対応し、外気温も60℃まで計測可能だ。計測値は、BLE接続でスマートフォンのアプリ画面に表示され、オシロスコープとしてリアルタイムの電流/電圧波形を表示させることができるほか、本体を最大4台使ったマルチチャンネルオシロスコープ機能もある。

photo

スタンドアロンのデータロガーとして使うことも可能で、スマートフォンと接続しなくても、温度、電圧、電流を最長6カ月間記録できる。

photo

本体の大きさは直径30mm、長さは160mm、重さは約160g。本体には,ライト,LEDインジケーター,ブザー,モード切り換えスイッチ,Lipo電池など機能を集約している。使わないときは、グラウンドケーブルを本体に巻きつけてきれいに収納できる。

photo

本体のほか、ハードケース、充電ケーブル、プローブクリップ2個、プローブチップカバー1個、予備ヒューズ1個を同梱する。

photo

特別価格は129豪ドル(約9700円)。出荷は2020年5月の予定で、日本への送料は10豪ドル(約750円)だ。

Pokit PROは、2019年11月28日までクラウドファンディングを実施中。11月11日時点で、3万豪ドル(約225万円)の目標額を大きく上回る約32万豪ドル(約2400万円)を集めており、本体カラーのオプションや追加プローブクリップ、静電容量計測機能などのストレッチゴールも達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 50年来の信号処理に関する謎が解かれる、逆高速フーリエ変換がついに一般化
  2. マイリュックはMacintosh SE/30! 89年製Macを最新LEDリュックに大改造
  3. 1.5V出力で1000回使える充電池——LiPo充電池「Pale Blue」
  4. CQ出版、トラ技創刊55周年——2020年1月号の特集はDVD2枚による「エレクトロニクス設計ツール全集」
  5. いつでもどこでもレーザー刻印できる——携帯型レーザー刻印機「LaserPecker Pro」
  6. ソレノイドで簡単電子工作——タカハ機工、電子工作キット「SOLEKIT」発売
  7. 慶應義塾大学、3Dプリントを使った単位格子とそのデータ設計技術を開発——身体にフィットする義肢装具開発への応用に
  8. micro:bitでクラシックカーレース優勝を目指してみた!
  9. リアル「アイアンマン」、ジェットエンジンスーツ装着時最高速度のギネス世界記録を更新
  10. LPWAを導入しよう——CQ出版、「エレキジャックIoT No.1」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る