新しいものづくりがわかるメディア

RSS


4ch同時計測にも対応——オシロスコープ機能付ペン型マルチメーター「Pokit PRO」

スマートフォンと連動して使えるペン型多機能計測器「Pokit PRO」がKickstarterに登場し、目標額を大きく上回る人気を集めている。

photo

Pokit PROは、デジタルテスター、オシロスコープ、データロガーの3つの機能をひとつにしたコンパクトで携帯に便利な計測器。2017年12月にクラウドファンディングを成功させた小型マルチメータ—「Pokit」の後継機で、計測範囲の拡大やマルチチャンネル計測に対応した。

photo

テスターの計測範囲は、電圧600VDC/AC(RMS)、電流10A、抵抗1MΩまで対応し、外気温も60℃まで計測可能だ。計測値は、BLE接続でスマートフォンのアプリ画面に表示され、オシロスコープとしてリアルタイムの電流/電圧波形を表示させることができるほか、本体を最大4台使ったマルチチャンネルオシロスコープ機能もある。

photo

スタンドアロンのデータロガーとして使うことも可能で、スマートフォンと接続しなくても、温度、電圧、電流を最長6カ月間記録できる。

photo

本体の大きさは直径30mm、長さは160mm、重さは約160g。本体には,ライト,LEDインジケーター,ブザー,モード切り換えスイッチ,Lipo電池など機能を集約している。使わないときは、グラウンドケーブルを本体に巻きつけてきれいに収納できる。

photo

本体のほか、ハードケース、充電ケーブル、プローブクリップ2個、プローブチップカバー1個、予備ヒューズ1個を同梱する。

photo

特別価格は129豪ドル(約9700円)。出荷は2020年5月の予定で、日本への送料は10豪ドル(約750円)だ。

Pokit PROは、2019年11月28日までクラウドファンディングを実施中。11月11日時点で、3万豪ドル(約225万円)の目標額を大きく上回る約32万豪ドル(約2400万円)を集めており、本体カラーのオプションや追加プローブクリップ、静電容量計測機能などのストレッチゴールも達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. オーム社、「APIではじめるディープラーニング・アプリケーション開発 Google Cloud API活用入門」発刊
  2. 知識や経験なしでも出来たてビール造りを楽しめるスマート醸造機「INTHEKEG」 #CES2020
  3. それ、ラズパイでつくれるよ——メッセだけならラズパイでいい
  4. 70万円台で手に入るEV——3Dプリント製超小型電気自動車「YoYo」
  5. ツーリングをより安全・快適に——バイク用スマートヘルメット「TALI」#CES2020
  6. バッテリー不要のコンピューター入力デバイスを開発——親指で人差し指側面をタップするだけ
  7. DJ用の機材にまで進化し続けたポータブルレコードプレーヤー「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER GP-3B」
  8. 日本3Dプリンター、多様化するニーズに応じフィラメントを拡充するプログラムを開始
  9. 赤外線カメラから身を隠す——通常の熱放射現象を覆すコーティング材料を開発
  10. クモの糸に匹敵——強度と靭性を兼ね備えた軽量ポリマー繊維を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る