新しいものづくりがわかるメディア

RSS


4ch同時計測にも対応——オシロスコープ機能付ペン型マルチメーター「Pokit PRO」

スマートフォンと連動して使えるペン型多機能計測器「Pokit PRO」がKickstarterに登場し、目標額を大きく上回る人気を集めている。

photo

Pokit PROは、デジタルテスター、オシロスコープ、データロガーの3つの機能をひとつにしたコンパクトで携帯に便利な計測器。2017年12月にクラウドファンディングを成功させた小型マルチメータ—「Pokit」の後継機で、計測範囲の拡大やマルチチャンネル計測に対応した。

photo

テスターの計測範囲は、電圧600VDC/AC(RMS)、電流10A、抵抗1MΩまで対応し、外気温も60℃まで計測可能だ。計測値は、BLE接続でスマートフォンのアプリ画面に表示され、オシロスコープとしてリアルタイムの電流/電圧波形を表示させることができるほか、本体を最大4台使ったマルチチャンネルオシロスコープ機能もある。

photo

スタンドアロンのデータロガーとして使うことも可能で、スマートフォンと接続しなくても、温度、電圧、電流を最長6カ月間記録できる。

photo

本体の大きさは直径30mm、長さは160mm、重さは約160g。本体には,ライト,LEDインジケーター,ブザー,モード切り換えスイッチ,Lipo電池など機能を集約している。使わないときは、グラウンドケーブルを本体に巻きつけてきれいに収納できる。

photo

本体のほか、ハードケース、充電ケーブル、プローブクリップ2個、プローブチップカバー1個、予備ヒューズ1個を同梱する。

photo

特別価格は129豪ドル(約9700円)。出荷は2020年5月の予定で、日本への送料は10豪ドル(約750円)だ。

Pokit PROは、2019年11月28日までクラウドファンディングを実施中。11月11日時点で、3万豪ドル(約225万円)の目標額を大きく上回る約32万豪ドル(約2400万円)を集めており、本体カラーのオプションや追加プローブクリップ、静電容量計測機能などのストレッチゴールも達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  2. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  3. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  4. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  5. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  6. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  7. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売
  8. シリアルセンサーを無線化——センサーネットワーク構築に適したLoRaモデム「BR100」
  9. 水のしずくで140V——液滴で発電するマイクロ発電機を開発
  10. ビニールテープで電車を制御——電車遊びでプログラミングを学べる「LoCoMoGo」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る