新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ピッキングロボットにも3Dプリンターにも——デルタ型デスクトップロボットキット「Delta X」

オープンソースのデルタ式のデスクトップロボットキット「Delta X」がIndiegogoに登場し、出資を募っている。

photo

Delta Xは、簡単に組み立てられるモジュール方式でデザインされたデルタ式ロボットキット。アタッチメントを交換することで、ピッキングから3Dプリンティングまでさまざまな作業に対応できる。

photo

ハード/ソフト情報はオープンソースとして公開されており、機構部品は3Dプリンターで出力できる。電子回路は、RepRap 3Dプリンターと同等の構成で、Arduinoを中心にシールドを使って構成されており、すべての電子部品は市販されている汎用品を使っている。ソフトウェアはQtフレームワークでC++によりプログラミングされている。

photo

アタッチメントとして、ロータリー式吸着カップ、ソフトグリッパー、ペンホルダー、レーザーモジュール、3Dプリンティングモジュール、容量式タッチヘッドなどを用意する。

photo

ロボットはPC、スマートフォン、プログラミングボードから制御でき、USB/Bluetooth/Wi-Fi接続に対応する。本体の重さは3.5㎏で、ワーキングエリアは320×180mm、ペイロードは500g、繰り返し精度は0.15mmだ。

photo

Delta Xのアセンブリーキットは、今なら数量限定の早割価格約2万1646円で入手できる。アルミニウム製トライポッド、ペンホルダー、プレスヘッド、容量式タッチヘッドが付属する。ラグジュアリーキットは、今なら数量限定の早割価格約4万1969円で入手できる。アセンブリーキットに、レーザーモジュール、3Dプリンティングモジュール、圧縮空気キット、グリッパーキットが付属する2020年1月出荷を予定しており、日本への送料は確認が必要だ。

Delta Xは、2019年11月下旬までクラウドファンディングを実施中。11月20日時点で、9048ユーロ(約109万円)の目標額に対して約2400ユーロ(約29万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 50年来の信号処理に関する謎が解かれる、逆高速フーリエ変換がついに一般化
  2. マイリュックはMacintosh SE/30! 89年製Macを最新LEDリュックに大改造
  3. 1.5V出力で1000回使える充電池——LiPo充電池「Pale Blue」
  4. CQ出版、トラ技創刊55周年——2020年1月号の特集はDVD2枚による「エレクトロニクス設計ツール全集」
  5. いつでもどこでもレーザー刻印できる——携帯型レーザー刻印機「LaserPecker Pro」
  6. ソレノイドで簡単電子工作——タカハ機工、電子工作キット「SOLEKIT」発売
  7. 慶應義塾大学、3Dプリントを使った単位格子とそのデータ設計技術を開発——身体にフィットする義肢装具開発への応用に
  8. micro:bitでクラシックカーレース優勝を目指してみた!
  9. リアル「アイアンマン」、ジェットエンジンスーツ装着時最高速度のギネス世界記録を更新
  10. LPWAを導入しよう——CQ出版、「エレキジャックIoT No.1」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る