新しいものづくりがわかるメディア

RSS


1.5V出力で1000回使える充電池——LiPo充電池「Pale Blue」

リチウムイオンポリマー(LiPo)充電池「Pale Blue」がkibidangoでプロジェクトを開始した。

photo

Pale Blueは、乾電池タイプながら、LiPoの3.7V出力を1.5Vに降圧して出力している。そのため一般的な充電式のニッケル水素(NiMh)電池の1.2V出力では正常に作動しないデバイスでも、乾電池同様に使用することができる。

photo

Pale Blueの充電可能回数は1000回以上と、一般的なNiMhタイプよりも長寿命だ。電池容量は単3が1560mAh、単4が450mAhだ。それぞれ2時間/1時間以内で高速充電できる。

photo

また、外部充電器を必要とせず、直接microUSBで充電できるのも特徴だ。本体には充電状態を示すLEDを搭載し、4本同時充電できる専用USBケーブルが付属する。

photo

支援およびリターンは、【4本セット・早割】Pale Blue(単4形)が3200円、【2種類8本セット】Pale Blue(単3形+単4形)が7200円などとなっている。

プロジェクト目標金額30万円のところ、2019年12月4日時点で114万円以上の支援が集まっている。

※記事初出時、文中に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  2. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  3. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  4. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  5. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  6. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  7. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売
  8. シリアルセンサーを無線化——センサーネットワーク構築に適したLoRaモデム「BR100」
  9. 水のしずくで140V——液滴で発電するマイクロ発電機を開発
  10. ビニールテープで電車を制御——電車遊びでプログラミングを学べる「LoCoMoGo」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る