新しいものづくりがわかるメディア

RSS


運動姿勢を遠隔指導できる——Cooperation Works、測定用センサー/振動補正用装置を受注量産開始へ

Cooperation Worksは、アプリ「CAT-b.c.s.」を使用したセンサー2点について、2020年1月から受注量産を開始予定だ。

CAT-b.c.s.を使用して、測定用センサー装置(MS)からの情報をアプリに取り込み、トレーナーが動的な重心位置を改善するよう振動補正用の装置(FS)を装着させることで、視覚的に気付きにくい動きの癖を指導できる。

これにより、肩こり、腰痛などの改善に加え、基礎代謝の改善により疲れにくい、太りにくい、バランスの良い体づくりが期待できる。

測定用センサー装置は、バッテリー内蔵では世界最小級の大きさ(40×30×6mm)で、屋外でも使用できる。振動補正用の装置を使用し、遠隔での補正指導も可能だ。

リハビリテーションテクニック(PNF)に従い、補正装置を装着しながらワークアウトを実施することで、補正が必要な箇所へ意識を集中させ、筋肉の反復により改善が期待できる。また、短期間(2週間)の利用により、姿勢の改善が期待できる。

将来的には、自宅や屋外でのデータ測定が可能なことから、クラウドを介したデータをやりとりし、世界中のトレーナーと会員間でのサービスが可能となる。世界中に顧客を持つ人気のトレーナーが生まれるプラットフォームサービスの展開を目指す。

アプリは、Apple storeにてダウンロード可能だ。(Android端末向けは準備中)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1ポンド硬貨より小さいArduino互換の超小型マイコン「Piksey Atto」
  2. それ、ラズパイでつくれるよ——メッセだけならラズパイでいい
  3. 70万円台で手に入るEV——3Dプリント製超小型電気自動車「YoYo」
  4. スタートアップは日本で量産できない——深センのジェネシスがスタートアップの駆け込み寺EMSになった理由
  5. IoTBASE、次世代LPWAN通信規格「ZETA」に対応したIoTトライアルパック提供開始
  6. 過酷な環境でも安定する音声コミュニケーションデバイスを目指して——「BONX mini」開発の苦悩
  7. 考えるだけで自在にコントロールできるAI搭載義手、2020年中に販売開始を予定
  8. シンプルな構造で組み立て簡単——Arduino搭載のミニロボットアームキット「LittleArm V3」
  9. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  10. いつでもどこでもレーザー刻印できる——携帯型レーザー刻印機「LaserPecker Pro」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る