新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ヴイストン、ROS対応台車ロボット用セットアップ済みPCオプション「ROS PC オプション」発売

ヴイストンは、研究開発用大型台車ロボット「メガローバーVer2.1」「メカナムローバーVer2.1」「4WDS ローバーVer2.1」をROSで制御するためのPCと電源基板から構成された、「ROS PC オプション」を発売する。

photo

同社によると、LinuxやROSのCUIが中心となるセットアップ作業は難しく、正しい環境構築が行われなかった場合、ロボットは正常に動作しなかったり、PCとUbuntuやロボットとの相性が悪い場合はインストールや接続が成功しないこともあるという。

今回発売するROS PC オプションのPCには、対応ロボットをROSで制御する際に必要となる環境(Ubuntu 18.04 日本語 Remix 、ROS melodic、必要パッケージ)があらかじめ構築されており、対応ロボットに本製品を搭載、接続するだけで導入が完了する。動作確認済みのPCに、必要な環境やサンプルプログラムをあらかじめセットアップしてあるため、簡単な接続操作のみでROSを使った制御に着手できる。

photo

搭載PC専用の電源基板が付属するため、対応ロボットの容量312WhのバッテリーからPCに電源を供給することができるので、ロボットをコードレスで長時間運用可能だ。

搭載PCのベアボーンは研究開発用大型台車ロボットのカスタマイズ性を損なうことなく搭載できるIntel NUC 8I5BEK、CPUはCore i5 8259U、メモリは8GB、ストレージはSSD 256GB、グラフィックはIntel Iris Plus Graphics 655。OSがUbuntu 18.04 (64bit)、ROSがROS melodicだ。

ROS PCオプションの本体価格は、オープン価格となっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  2. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  5. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  6. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」
  7. 自転車を30秒で電動化する、E-bikeコンバージョンキット「LIVALL PikaBoost」
  8. ラズパイとAndroidでオシロスコープを——Raspberry Pi Picoオシロスコープ向けアナログ基板「PLU2212-DSO」発売
  9. Simplify3D、3Dプリンター用ソフトウェアの最新版「Simplify3D V5」をリリース
  10. 地球上で最も強靭な「高エントロピー合金」を発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る