新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ラズパイでDIYおうちハック——インプレスR&D、「Raspberry Pi ではじめるDIY スマートホーム」発刊へ

インプレスR&Dは、「Raspberry Pi ではじめるDIY スマートホーム」を2019年12月25日に発刊する予定だ。

本書は、Raspberry Piと市販のIoTデバイスを組み合わせてスマートホームをDIYするためのガイドブックだ。著者が4年間試行錯誤しながら自宅をスマートホームにした経験を元に、Raspberry Piを中心にIoTデバイスを組み合わせる方法をスクリーンショット付きで解説する。

スマートホームを作るための基本的な準備から解説

全4章構成。第2章「スマートホームを作る:基本編」では、Raspberry PiやAlexaなどの基本的な解説から始まり、Node-REDの起動やデバイスの追加、Alexaノードの追加などを解説する。

赤外線リモコンを使った応用例を紹介

また第3章「スマートホームを作る:応用編1」ではシーリングライトとHueの連動や、スピーカーとの接続による音声コマンドでのシャットダウン、Bluetoothポーリングを利用して帰宅時に自動で照明を点ける実装例などについて説明。第4章「スマートホームを作る:応用編2」ではOpenJTalkの応用により音声を使わずにAlexaを操作する方法や、時刻に合わせてカーテンの開閉やニュースを流す方法、Pythonライブラリを活用したWebスクレイピングなどについても解説する。

著者はyagitch氏。電子書籍版フォーマットはEPUB3/Kindle Format8、書籍版はB5判116ページで、価格は電子書籍版が1600円、書籍版が1800円(各税別)だ。

NFCや物理スイッチを使った例も解説

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiにKeiganMotorの開発環境をインストール——Keigan、「KeiganPi」の発売を開始
  2. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  3. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  4. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  5. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  6. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  7. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  8. 日本人医師が開発した3Dプリントできる簡易人工呼吸器、新型コロナウイルス対策で実用化に向け寄付と協力を募集
  9. 曲がりにくく硬い頑丈なパーツの3Dプリントを可能に——Formlabs、新レジン「Tough 2000 Resin」を発表
  10. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る