新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IoTの全体像を解説——コロナ社、「つながる!基礎技術 IoT入門」発刊

コロナ社は、ロボット開発などを例に、一般的に全体像が分かりにくいと言われているIoTに関して基礎から解説する「つながる!基礎技術 IoT入門 コンピュータ・ネットワーク・データの基礎から開発まで」を、2019年12月26日 に発売する。

同書は大学生や若手技術者向けに、IoTの横断的な全体像を解説したものだ。「IoTをつくるために考える」をテーマに、IoTを構成する技術や作り方に関する技術を紹介。大学の実験や卒業研究などで作ることのできる技術に着目し、モノづくり教育を実践している教員らが執筆を担当した。

IoTの概要から始まり、第1部では「ネットワークとモノ」と題してネットワークやセキュリティ、コンピューターアーキテクチャー、リアルタイム性などを解説。第2部では「IoTにおけるデータと物理の活用」をテーマにデータ表現やセンサー、アクチュエーターおよび物理モデルを解説する。続く第3部では「開発プロセスとモデリング」について、最終第4部では高齢者の見守りシステムなどの「IoTシステム事例」を紹介する。

著者は渡辺晴美東海大学教授など12人。B5判176ページで、価格は2970円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  3. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る