新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自宅のドアをペットのために自動ドア化——スライドドアオープナー「Wayzn」 #CES2020

ペットが家の中に入りたいときや出たいときを察知して、自動でドアをスライドして開閉するスライドドアオープナー「Wayzn」が、ラスベガスで開催された「CES 2020」でイノベーションアワードを受賞した。

以前、fabcrossでも紹介したWayznはペットのためのスライドドア用ドアオープナー。モーションセンサーを搭載しており、ペットがスライドドアに近づいたときに反応し、自動でドアを開けたり閉めたりしてくれる仕組みだ。

この自動開閉機能は解除することも可能。外出時や別の部屋にいるときは、手動で開閉する設定に変更しておくこともできる。

Wayznをスマートフォンアプリやウェブカメラと連携させておけば、ペットがドアに近づいたときにウェブカメラが撮影した映像を見て不審者がいないのを確認してからドアを開けるかどうかを決められる。また、「Nest」などWayzn対応のウェブカメラを使うと、アプリにアラートとウェブカメラからの映像が送られてくる。

Wayznは、スマートフォンアプリ以外にスマートスピーカーなどとの連携も可能だという。そのため、料理中などで手が空いていないときでも、ペットのためにドアを開けてあげることができる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3色表示可能な電子ペーパーを搭載したArduino互換ボード「Inkplate 2」
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 木製品を製造できる、環境に優しい植物由来の3Dプリンター用インクを開発
  10. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る