新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自宅のドアをペットのために自動ドア化——スライドドアオープナー「Wayzn」 #CES2020

ペットが家の中に入りたいときや出たいときを察知して、自動でドアをスライドして開閉するスライドドアオープナー「Wayzn」が、ラスベガスで開催された「CES 2020」でイノベーションアワードを受賞した。

以前、fabcrossでも紹介したWayznはペットのためのスライドドア用ドアオープナー。モーションセンサーを搭載しており、ペットがスライドドアに近づいたときに反応し、自動でドアを開けたり閉めたりしてくれる仕組みだ。

この自動開閉機能は解除することも可能。外出時や別の部屋にいるときは、手動で開閉する設定に変更しておくこともできる。

Wayznをスマートフォンアプリやウェブカメラと連携させておけば、ペットがドアに近づいたときにウェブカメラが撮影した映像を見て不審者がいないのを確認してからドアを開けるかどうかを決められる。また、「Nest」などWayzn対応のウェブカメラを使うと、アプリにアラートとウェブカメラからの映像が送られてくる。

Wayznは、スマートフォンアプリ以外にスマートスピーカーなどとの連携も可能だという。そのため、料理中などで手が空いていないときでも、ペットのためにドアを開けてあげることができる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  2. 80歳のメカニックが飛ばないドローンを部品から手作り
  3. Raspberry Piで動かす電車のおもちゃ「Fame Toys ブリッジャー」発売
  4. HATボードを横に並べて接続するRaspberry Pi用拡張ボード「HAT RACK」
  5. 基板内部に電子回路を立体造形——Nano-Dimensionの電子回路PCB基板3Dプリンター「DragonFly LDM」
  6. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  7. 梨衣名が教えるものづくり中国語講座 vol1 中国との取引でこの言葉ができたら要注意!「差不多」
  8. Moddable+M5StackでIoTアプリケーション開発——インプレスR&D 、「実践Moddable」発刊
  9. 折り紙をヒントに、わずか1cmのプログラム可能な超小型ロボットを開発
  10. まるで生き物。もふもふなAIペット型ロボット「MOFLIN」がKickstarterに登場

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る