新しいものづくりがわかるメディア

RSS


AIが害虫や病気の発生を予測——農業用IoTセンサー「AgriTalk Farming Sensor」 #CES2020

アメリカのラスベガスで開催された国際見本市「CES 2020」で、台湾の農業IoTソリューションを提供するスタートアップAgriTalk Techが開発した「AgriTalk Farming Sensor」がイノベーションアワードを受賞した。

AgriTalk Farming Sensorは、リアルタイムで農地の環境情報を取得し、スマートな農作業を支援するIoTセンサー。24時間365日、土壌の栄養レベルや温度、湿度などをモニタリングし、それらの情報はアプリのダッシュボードからいつでも確認できる。

AgriTalk Farming SensorのAI(人工知能)は、センサーが取得するデータを分析し、肥料の投入タイミングや量、種類など必要な農作業を提案。また、天気予報や土壌の微生物レベルなどの情報から害虫や病気の発生を予測するなど、最小限の肥料や農薬で効率的に作物の健康を保つよう支援する。

さらに、同社が提供するコントロールモジュールと連動すればスプリンクラーなど16種類のアクチュエーターを自動的に作動させられるため、少人数で運営するスマート農場システムの構築が可能になる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」
  2. CQ出版、「ラズパイ×ArduinoでI/O! LabVIEWコンピュータプログラム集」を刊行
  3. Raspberry Piで電子工作を楽しもう——ソーテック社、「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第6版」発刊
  4. 枝豆の選別とキュウリの等級判別でディープラーニング開発を体験——CQ出版が「IT農家のラズパイ製ディープ・ラーニング・カメラ」を刊行
  5. CQ出版、「ラズパイで作る ブロックチェーン暗号コンピュータ」を刊行
  6. 新しい金属3Dプリント手法を開発——超音波で合金を強化
  7. サンワサプライ、トルク調整機能付ペン型電動精密ドライバー「800-TK045」発売
  8. エレクトロニクスの「回路観」を身につける——オライリー・ジャパン、エレクトロニクスの入門書「Make: Electronics 第2版」発刊
  9. 太陽光で二酸化炭素をクリーンな燃料に変える——人工光合成向けの触媒を開発
  10. トップデザイナーの脳内覗いてみちゃう??——「㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画」(六本木)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る