新しいものづくりがわかるメディア

RSS


AIで高齢者の健康を見守るウェアラブルデバイス「CarePredict Tempo」#CES2020

エレクトロニクス国際見本市「CES 2020」において、AIで高齢者の健康を見守るウェアラブルデバイス「CarePredict Tempo」がイノベーションアワードのWearable Technologies部門賞に輝いた。

体温、脈拍、呼吸数などの生理学的測定値を検出する他のウェアラブルデバイスと異なり、手首に着けたTempoと呼ばれる小型デバイスが、高齢者の食事、ウォーキング、睡眠、料理、シャワー、トイレを含む日常生活動作と行動パターンを把握する。それらの変化から、CarePredictはAIと機械学習を使用して栄養不良、UTI(尿路感染症)、軽度の認知障害など健康状態の低下を予測/防止する。睡眠不足、夜中に頻繁に起きるといった状況から転倒リスクの増加を予測したり、食事をしない、明るい場所を避ける、活動が低下するなどの状況から、うつ病の可能性を検知したりすることもできるという。

photo

日常生活や行動のパターンは専用のアプリで確認でき、CarePredictからのアラートは自動的に家族に通知される。

CarePredictは、手首に着ける小型デバイスと、浴室、寝室、台所、居間などに取り付けるビーコンで構成され、販売価格は500ドル。1カ月70ドルでサブスクリプション契約も可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1ポンド硬貨より小さいArduino互換の超小型マイコン「Piksey Atto」
  2. それ、ラズパイでつくれるよ——メッセだけならラズパイでいい
  3. 70万円台で手に入るEV——3Dプリント製超小型電気自動車「YoYo」
  4. スタートアップは日本で量産できない——深センのジェネシスがスタートアップの駆け込み寺EMSになった理由
  5. IoTBASE、次世代LPWAN通信規格「ZETA」に対応したIoTトライアルパック提供開始
  6. 過酷な環境でも安定する音声コミュニケーションデバイスを目指して——「BONX mini」開発の苦悩
  7. 考えるだけで自在にコントロールできるAI搭載義手、2020年中に販売開始を予定
  8. シンプルな構造で組み立て簡単——Arduino搭載のミニロボットアームキット「LittleArm V3」
  9. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  10. いつでもどこでもレーザー刻印できる——携帯型レーザー刻印機「LaserPecker Pro」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る