新しいものづくりがわかるメディア

RSS


はんだ付けをアートに——「はんだ付けアートコンテスト2019」の入賞作品を発表

辻菜月「aurora」

日本はんだ付け協会は2020年1月10日、はんだごてとはんだを使って製作された「はんだ付けアートコンテスト2019」の優秀作品を発表した。

photo 辻菜月「Heart」「花筏」「baby」「secret」

優勝は辻菜月氏の「aurora」。辻氏はHeartや花筏など、他にも5点を応募した中での受賞となる。ステンドグラスの手法を用いており、はんだとガラス、光の組み合わせによる、アート要素の高さが票を集めた。

photo 白砂勝敏「霊長類観測装置」

第2位は白砂勝敏氏の「霊長類観測装置」。様々な素材をはんだ付けにより結び付け、ユーモラスで芸術性の高い形状に仕上げている。鏡や金属など、ステンドグラスの要素も取り入れ、光の反射も活用した作品だ。

photo 布施美子貴「夕日匣-ユウヒバコ」

第3位は布施美子貴氏の「夕日匣-ユウヒバコ」。落葉樹越しに見た夕日をイメージした作品で、線材をはんだ付けで接合し、木の枝や葉脈をイメージさせるフレームを制作。内側のフレームに和紙を貼り付け、光を透過させている。

入賞者らには、賞状の他、協会オリジナルのトロフィー、副賞などが贈呈された。入賞した3作品は協会のホームぺージから閲覧できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  3. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  4. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  5. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  6. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  7. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実
  8. 高強度鋼構造部品をSLM方式で3Dプリントする手法を開発
  9. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  10. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る