新しいものづくりがわかるメディア

RSS


造形品質はフィラメントの管理から——3Dプリンター用フィラメントドライヤー「Filament Dryer 2.0」

FFF方式3Dプリンター用フィラメントドライヤー「Filament Dryer 2.0」がKickstarterに登場し、人気を集めている。クラウドファンド開始後、わずか2時間で目標額の調達に成功している。

photo

開発元のPrintDryによると、フィラメントへの湿気の蓄積が3Dプリンティングの品質を大きく左右する。開発元は、「PrintDry Filament Container」「Vacuum Sealed Filament Container」など改良を重ねながらアップデートしてきたが、今回最新モデルのFilament Dryer 2.0を発表した。

photo

Filament Dryer 2.0は、フィラメントスプールを加温保管したままの状態で、ケースに設けられた孔を通してフィラメントをフィードできるのが大きな特徴だ。保管ケースだった従来モデルに比較して、対応可能スプールの拡大、ビルトインタイマー、デジタルディスプレイ、モジュラーデザインを採用するなど機能やデザインを刷新。ドライヤー部、バキューム部、コンテナで構成され、最大外形200mm(2つ置きの場合)、重さ2~5kgのフィラメントスプールに対応する。また、フィラメントの種類に応じ35/45/55/65/75℃の温度設定が可能で、オートシャットオフ機能付きの最大48時間タイマーを内蔵する。アメリカ向けにETL、ヨーロッパ向けにCE/TUV認証を取得済みだ。

photo

フィラメントスプールは縦置きで、メタルシャフト×2、大きいサイズ用アダプター×4、小さいサイズ用アダプター×4が付属する。アダプターを使うことでさまざまなサイズのスプールをセットでき、抵抗の少ないスムーズなフィラメントのフィードが可能になる。またオプションで、外形300mmの1つ置きが可能なラージスプールキットと、横置きで追加のスプールをセットできるチャンバーキットを用意している。

photo

Filament Dryer 2.0は、今なら予定小売価格から20%オフの156カナダドル(約1万3000円)で入手できる。出荷は2020年2月を予定しており、日本への送料は30カナダドル(約2490円)だ。

2020年1月16日までクラウドファンディングを実施中で、1月14日時点で6000カナダドル(約50万円)の目標額を大きく上回る約5万カナダドル(約420万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  10. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る