新しいものづくりがわかるメディア

RSS


釣った魚の全長と重さを一度に測定し、スマートフォンで撮影/保存できる「HALASZ Fishing Grip」#CES2020

ラスベガスで開催された国際見本市「CES 2020」で、フィッシング関連製品/アプリを開発/販売する韓国企業HALASZが開発した、スマートIoTフィッシュグリップ「HALASZ Fishing Grip」が披露された。

HALASZ Fishing Gripは、釣った魚の全長と重さを一度に測定し、アプリで撮影/セーブできるIoTフィッシュグリップ。魚の口にフックを掛けられるリップグリップとメジャーが一体化されており、LCDに測定値が表示される。

BLE通信で専用アプリと接続してグリップにつるした魚にカメラを向ければ、本体のLCDとアプリ画面に測定値が表示される。そのまま写真撮影しセーブすると、測定値以外に日付、天候、場所、潮位などがセーブした写真に表示される。

魚の全長(口元から尾ひれの先の長さまで)2m、重さ20kgまでなら、ほとんどの種類の魚を1%未満の誤差で測定できるとしている。本体のサイズは約284×80×36mm、重さは約249gで、防水・防塵の高い耐久性を備える。

HALASZ Fishing Gripは、公式サイトにて150ドル(約1万6400円)で販売中だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」
  2. CQ出版、「ラズパイ×ArduinoでI/O! LabVIEWコンピュータプログラム集」を刊行
  3. Raspberry Piで電子工作を楽しもう——ソーテック社、「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第6版」発刊
  4. 枝豆の選別とキュウリの等級判別でディープラーニング開発を体験——CQ出版が「IT農家のラズパイ製ディープ・ラーニング・カメラ」を刊行
  5. CQ出版、「ラズパイで作る ブロックチェーン暗号コンピュータ」を刊行
  6. 新しい金属3Dプリント手法を開発——超音波で合金を強化
  7. サンワサプライ、トルク調整機能付ペン型電動精密ドライバー「800-TK045」発売
  8. エレクトロニクスの「回路観」を身につける——オライリー・ジャパン、エレクトロニクスの入門書「Make: Electronics 第2版」発刊
  9. 太陽光で二酸化炭素をクリーンな燃料に変える——人工光合成向けの触媒を開発
  10. トップデザイナーの脳内覗いてみちゃう??——「㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画」(六本木)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る