新しいものづくりがわかるメディア

RSS


店舗内の顧客数を自動集計できる1万円以下のAIカメラ「ManaCam」#CES2020

TAG

AI

日本のスタートアップであるFutuRocket(フューチャーロケット)が、小規模事業者でも手軽に導入できる低価格帯のAIカメラ「ManaCam」のプロトタイプをラスベガスで開催された「CES 2020」に出展した。

ManaCamは、設置した施設や店舗内にいる顧客や利用者の人数を、エッジコンピューティングによって自動集計するAIカメラ。1万円以下で販売する予定で、設備投資に費用をかけることが難しい小規模事業者でも導入しやすい。

ManaCam

月額ベースでの料金支払いが必要になるが、クラウドにアクセスすればManaCam設置以降の利用者数推移レポートを確認できるようになる予定だという。

ManaCamの設置に配線工事は不要で、Wi-Fi設定するだけで利用できる。設置業者への依頼費用がかからないことも小規模事業者には利点だろう。ManaCamは電球ソケットにアタッチメントで取り付ける仕組みで、しかも電球ソケットから給電できるようになっている。USB端子からの給電も可能だ。

ManaCam

今後、ManaCamは実証実験を実施する予定で、2020年1月下旬から横浜市で行うほか、東京都渋谷区のコミュニティスペースEdgeOfでの実施も予定しているという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1ポンド硬貨より小さいArduino互換の超小型マイコン「Piksey Atto」
  2. それ、ラズパイでつくれるよ——メッセだけならラズパイでいい
  3. 70万円台で手に入るEV——3Dプリント製超小型電気自動車「YoYo」
  4. スタートアップは日本で量産できない——深センのジェネシスがスタートアップの駆け込み寺EMSになった理由
  5. IoTBASE、次世代LPWAN通信規格「ZETA」に対応したIoTトライアルパック提供開始
  6. 過酷な環境でも安定する音声コミュニケーションデバイスを目指して——「BONX mini」開発の苦悩
  7. 考えるだけで自在にコントロールできるAI搭載義手、2020年中に販売開始を予定
  8. シンプルな構造で組み立て簡単——Arduino搭載のミニロボットアームキット「LittleArm V3」
  9. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  10. いつでもどこでもレーザー刻印できる——携帯型レーザー刻印機「LaserPecker Pro」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る