新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ドラッグアンドドロップでプログラミングできる組み立て式STEM教育用ロボット「ClicBot」#CES2020

各パーツを自由に組み立て、ドラッグアンドドロップでプログラミングし、動かして遊ぶことを通じてプログラミングを学習できるロボット「Clicbot」が、2020年1月7〜10日にラスベガスで開催された「CES 2020」で展示された。

ClicbotはSTEM教育用にデザインされたロボットだ。動画学習、ドラッグアンドドロップによるプログラミング学習、コミュニティを利用した学習といった学習方法が用意されており、さまざまなゲームで遊ぶこともできる。

同製品は、パーツを組み合わせを変えることで、さまざまなロボットを組み立てられる。頭部に当たるブレインブロックには、タッチセンサーやスクリーン、マイクのほか、画像認識が可能なカメラを搭載。その他のブロックは、ジョイントやホイール、サクションカップなどがあり、工具などを用いずに組み立て可能だ。

プログラミングすることで、さまざまな動作をさせることが可能。例えば、頭部に当たるブロックをなでたときに喜ばせたり、音楽に合わせてダンスさせたりすることができる。

価格はBic Packageセット(ブレインブロック×1、充電ケーブル×1、ジョイント×1、ホイール×2、マウント×1、ステッカー×10、携帯電話ホルダー×1)で249ドル(約2万7300円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  3. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  4. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  9. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  10. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る