新しいものづくりがわかるメディア

RSS


コーヒー無しでも集中力をアップ——眠気を抑えてくれるAI照明「Digital Caffeine」#CES2020

ラスベガスで開催された国際見本市「CES 2020」で、韓国のスタートアップLUPLEが開発した眠気を抑えてくれるAI照明「Digital Caffeine」が披露された。

Digital Caffeineは、AI(人工知能)とヒューマンセントリックテクノロジーで集中力向上を手助けしてくれる照明デバイス。ユーザーの行動をリアルタイムで認識し、より良い室内環境を作り出す。

Digital Caffeine

Digital Caffeineは、本体内蔵のRGBカメラとモーションセンサーで読書やスマホの操作といったユーザーの行動を認識する。そして、NASAの宇宙船や手術室で使われている「人に優しい照明」、ヒューマンセントリックライティング(HCL)により室内に快適かつ集中力を向上させてくれる空間を生み出すという。

Digital Caffeineは、特定の波長のLED光を出すことで睡眠を促すメラトニンの分泌を抑えるため、コーヒーの飲み過ぎによるカフェイン依存症や不眠症を心配することなく勉強や仕事に集中できる。

開発元のLUPLEは、AIとヒューマンセントリックテクノロジーを活用して、エネルギー消費を減らし、人々の生活の質を向上させることを理念に掲げている。LUPLEは、近々、Digital Caffeineのクラウドファンディングを開始して資金調達をする予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 20万台のマイコンボードを配布したタイ政府と、プログラミング教育のジレンマ
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. スイッチサイエンス、「ATOM Echo - スマートスピーカー開発キット」を販売開始
  4. バッグパックに収納できる電動バイク——東大、空気で膨らませて使うパーソナルモビリティを開発中
  5. 着るだけで体温や心拍を測定——洗濯機で洗えるスマート衣類「E-TeCS」
  6. 日本3Dプリンター、「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売
  7. ゴミ袋を自動で交換するゴミ箱——カートリッジ式スマートゴミ箱「townew」
  8. 分解は設計者との対話 楽しい分解のための5つのTips
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る