新しいものづくりがわかるメディア

RSS


コーヒー無しでも集中力をアップ——眠気を抑えてくれるAI照明「Digital Caffeine」#CES2020

ラスベガスで開催された国際見本市「CES 2020」で、韓国のスタートアップLUPLEが開発した眠気を抑えてくれるAI照明「Digital Caffeine」が披露された。

Digital Caffeineは、AI(人工知能)とヒューマンセントリックテクノロジーで集中力向上を手助けしてくれる照明デバイス。ユーザーの行動をリアルタイムで認識し、より良い室内環境を作り出す。

Digital Caffeine

Digital Caffeineは、本体内蔵のRGBカメラとモーションセンサーで読書やスマホの操作といったユーザーの行動を認識する。そして、NASAの宇宙船や手術室で使われている「人に優しい照明」、ヒューマンセントリックライティング(HCL)により室内に快適かつ集中力を向上させてくれる空間を生み出すという。

Digital Caffeineは、特定の波長のLED光を出すことで睡眠を促すメラトニンの分泌を抑えるため、コーヒーの飲み過ぎによるカフェイン依存症や不眠症を心配することなく勉強や仕事に集中できる。

開発元のLUPLEは、AIとヒューマンセントリックテクノロジーを活用して、エネルギー消費を減らし、人々の生活の質を向上させることを理念に掲げている。LUPLEは、近々、Digital Caffeineのクラウドファンディングを開始して資金調達をする予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Arduino互換でカスタマイズできる——手のひらにのる犬型ロボット「Petoi Bittle」
  2. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  3. 研磨しやすいPLA——APPLE TREE、3Dプリンター用フィラメント「MODERA:PLA」発売
  4. Formlabs、大型造形可能な歯科用3Dプリンター「Form 3BL」と後処理用のアイテム2種を発表
  5. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  6. テクダイヤと久宝金属製作所、FFF方式3Dプリンター用0.1mm径ノズルを開発
  7. 両手がふさがっていてもスマホが操作できる——舌を使ったインタフェース「[in]brace」
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. キャリブレーション不要ですぐに使える——プロ用デスクトップ3Dスキャナー「Polyga Compact S1」
  10. 「タオバオ」に挑戦したけど異文化に揉まれて何も買えませんでした——失敗から学ぶ、ネットショップで使える中国語10選

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る