新しいものづくりがわかるメディア

RSS


宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開

アメリカの宇宙関係エンジニアであるJustine Hauptさんが、ダイヤル式携帯電話を自作、オープンソースとして公開した。スマートフォンのタッチスクリーンのように、中の制御が分からないという煩わしさもなく、その上メールやtwitterなどで「テキストを送信しないことの言い訳」にもできる、というのが製作理由だという。

この携帯電話で最も目を引く部品は、Western Electricの旧式な電話からとった「回転ダイヤル」と、SMAコネクタを使う「本物のアンテナ」だろう。一方で、搭載されたテクノロジーは現代的なもので、ATmega2560Vマイクロコントローラを中心に、不在着信や基本情報を表示するe-Paperディスプレイも備えている。もちろん、10-LEDシグナルメーターや登録した電話番号を呼び出すためのショートカットボタン、電源スイッチなどは、すべてハードウェア構成としている。通信には、Adafruit FONA 3Gを使っているようだ。カスタム基板上にまとめられた部品類は、3Dプリント製の筐体にきれいに収められている。

「もちろんこの電話を、メインの携帯電話として使うつもりで作ったのよ」と、Justineさん。「コンパクトで、ポケットに収まるし、主人に電話をかけるときも、以前使っていたスマートフォンより早く電話がかけらるし、最新版なら、バッテリーは24時間近く持続するかも」。

自分用の携帯電話として製作、そのプロセスをオープンソースとして公開したところ、自分も欲しいという声が、予想外に多く集まったという。そこでJustineさんは、製作が難しい基板や3Dケースをキット販売することにした。その他、実際の回路図と全ての設計ファイル、組み立て手順を説明する動画なども公開されている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. マイコンによる電子工作を基礎から解説——工学社、「Mbedを使った電子工作プログラミング」発刊
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. 2.4インチLCD搭載し、ArduinoとMicroPythonコンパチ——小型IoTモジュール向け開発ボード「Wio Terminal」国内販売開始
  4. 巣ごもり期間のAI学習に——XSHELL、Raspberry Pi 4とカメラがセットになったオンライン教材「ツクレルマイPC」発売
  5. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  6. IoT初心者向けのプログラミング解説書——シーアンドアール研究所、「M5Stack&M5StickCではじめるIoT入門」発刊
  7. 光を使った「水中IoT」——エネルギーとデータを同時に水中伝送するシステムの研究
  8. テレワークで大活躍! キットできっと作れるZoom専用キーボード
  9. 個人の趣味の工作室から業務用まで——卓上型CO2レーザー加工機「RSD-SUNMAX-LT1390」発売
  10. スワニー、作業用フェイスシールドの3Dプリント用データを無料公開

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る