新しいものづくりがわかるメディア

RSS


機械学習をビジネスに利用する——技術評論社、「AIエンジニアを目指す人のための機械学習入門」発刊

技術評論社は、機械学習やAI技術を学ぶエンジニア、学生向けの「AIエンジニアを目指す人のための機械学習入門 実装しながらアルゴリズムの流れを学ぶ」を発売する。

同社によると、機械学習はAIの基礎技術であり、機械学習をコンピューターシステムに組み込んでビジネスに活用できるAIエンジニアの需要は今後増えていく。

同書では、目的に応じていくつか存在する機械学習の手法を正しく使用できるよう、各手法のアルゴリズムを適切なレベルで丁寧に解説。高度な数学や統計学の理論は最低限にとどめ、アルゴリズムの目的や意味を理解することを目指した。

まずプログラムを動かしてみて、その結果を見ながらアルゴリズムの長所や短所、チューニングのコツを学習する。プログラム作成にはプログラミング言語「Python」と機械学習ライブラリ「scikit-learn」を使用する。

著者は、電通国際情報サービスの清水琢也氏、小川雄太郎氏で、B5変形判256ページ。2020年4月13日発売予定で定価は2780円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る