新しいものづくりがわかるメディア

RSS


CambrianRobotics、JavaScriptでIoT開発ができる「obniz Starter Kit」発売

CambrianRoboticsが、同社が提供するIoTシステム「obniz(オブナイズ)」向けのスターターキット「obniz Starter Kit」発売した。

photo

obnizは、Web技術とクラウドを使い、IoTシステムを容易に構築することができる環境を提供するシステムだ。「JavaScript/Node.js」のみでIoTシステムの開発を可能にする。Webサービスや人工知能との連携が容易なのも特徴だ。

photo

今回発売したobniz Starter Kitは、ベースとなるobniz Boardに直接差し込んで使えるLEDやサーボモーター、ブザーやボタンなど8部品をセットしたもの。温度、人感および距離の3種類のセンサーが含まれている。

photo

obniz Board用のクラウド機能が無料で使えるので、届き次第すぐに無料でIoTシステム開発を始めることができる。

標準価格が8800円(税込)で、obniz公式ストアサイトやAmazonサイトなどで販売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiにKeiganMotorの開発環境をインストール——Keigan、「KeiganPi」の発売を開始
  2. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  3. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  4. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  5. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  6. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  7. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  8. 日本人医師が開発した3Dプリントできる簡易人工呼吸器、新型コロナウイルス対策で実用化に向け寄付と協力を募集
  9. 曲がりにくく硬い頑丈なパーツの3Dプリントを可能に——Formlabs、新レジン「Tough 2000 Resin」を発表
  10. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る