新しいものづくりがわかるメディア

RSS


CambrianRobotics、JavaScriptでIoT開発ができる「obniz Starter Kit」発売

CambrianRoboticsが、同社が提供するIoTシステム「obniz(オブナイズ)」向けのスターターキット「obniz Starter Kit」発売した。

photo

obnizは、Web技術とクラウドを使い、IoTシステムを容易に構築することができる環境を提供するシステムだ。「JavaScript/Node.js」のみでIoTシステムの開発を可能にする。Webサービスや人工知能との連携が容易なのも特徴だ。

photo

今回発売したobniz Starter Kitは、ベースとなるobniz Boardに直接差し込んで使えるLEDやサーボモーター、ブザーやボタンなど8部品をセットしたもの。温度、人感および距離の3種類のセンサーが含まれている。

photo

obniz Board用のクラウド機能が無料で使えるので、届き次第すぐに無料でIoTシステム開発を始めることができる。

標準価格が8800円(税込)で、obniz公式ストアサイトやAmazonサイトなどで販売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  2. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き
  3. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  4. クラウドベースIDEを使いFPGAの基礎から応用まで学べるFPGAボード「STEPFPGA」
  5. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  8. APPLE TREE、高さ600mmまで造形可能な大型FFF方式3Dプリンター「Guider 3 Plus」を公開
  9. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  10. そうめんの空箱とラズパイで昭和のゲームを作る

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る