新しいものづくりがわかるメディア

RSS


CambrianRobotics、JavaScriptでIoT開発ができる「obniz Starter Kit」発売

CambrianRoboticsが、同社が提供するIoTシステム「obniz(オブナイズ)」向けのスターターキット「obniz Starter Kit」発売した。

photo

obnizは、Web技術とクラウドを使い、IoTシステムを容易に構築することができる環境を提供するシステムだ。「JavaScript/Node.js」のみでIoTシステムの開発を可能にする。Webサービスや人工知能との連携が容易なのも特徴だ。

photo

今回発売したobniz Starter Kitは、ベースとなるobniz Boardに直接差し込んで使えるLEDやサーボモーター、ブザーやボタンなど8部品をセットしたもの。温度、人感および距離の3種類のセンサーが含まれている。

photo

obniz Board用のクラウド機能が無料で使えるので、届き次第すぐに無料でIoTシステム開発を始めることができる。

標準価格が8800円(税込)で、obniz公式ストアサイトやAmazonサイトなどで販売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る