新しいものづくりがわかるメディア

RSS


東北大発スタートアップのAZUL Energy、シードラウンドでの6000万円の資金調達実施

AZUL Energy(アジュールエナジー)は、フューチャーベンチャーキャピタルとMAKOTOキャピタル、および個人投資家を引受先とするシードラウンドでの6000万円の資金調達を実施したことを発表した。

2019年7月に創業したAZUL Energyは、東北大学発のスタートアップ企業だ。東北大学材料科学高等研究所(AIMR)にて開発された、次世代バッテリーとして期待される金属空気電池や燃料電池に不可欠な高活性の非白金系酸素還元反応触媒電極材料「AZUL触媒」の実用化を目指している。

従来、高活性の酸素還元反応用の触媒としては、白金などの貴金属触媒が用いられていたが、AZUL触媒は高価で資源制約のある白金などのレアメタルや有害な重金属を全く使用しないため、低コスト化可能で安全性が高いという特長がある。

今回調達した資金の使途は、AZUL触媒の量産化技術の研究開発資金および設備投資に充当する予定で、金属空気電池、燃料電池各用途でのAZUL触媒の実証に向けたサンプル提供も更に積極的に進めるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  3. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  4. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  9. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  10. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る