新しいものづくりがわかるメディア

RSS


東北大発スタートアップのAZUL Energy、シードラウンドでの6000万円の資金調達実施

AZUL Energy(アジュールエナジー)は、フューチャーベンチャーキャピタルとMAKOTOキャピタル、および個人投資家を引受先とするシードラウンドでの6000万円の資金調達を実施したことを発表した。

2019年7月に創業したAZUL Energyは、東北大学発のスタートアップ企業だ。東北大学材料科学高等研究所(AIMR)にて開発された、次世代バッテリーとして期待される金属空気電池や燃料電池に不可欠な高活性の非白金系酸素還元反応触媒電極材料「AZUL触媒」の実用化を目指している。

従来、高活性の酸素還元反応用の触媒としては、白金などの貴金属触媒が用いられていたが、AZUL触媒は高価で資源制約のある白金などのレアメタルや有害な重金属を全く使用しないため、低コスト化可能で安全性が高いという特長がある。

今回調達した資金の使途は、AZUL触媒の量産化技術の研究開発資金および設備投資に充当する予定で、金属空気電池、燃料電池各用途でのAZUL触媒の実証に向けたサンプル提供も更に積極的に進めるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  10. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る