新しいものづくりがわかるメディア

RSS


cooyou.org、振動パルスで障害物との距離を体感できる「クレイジースモール障害物バイブレータ」発売

cooyou.orgは、センサー前方の障害物との距離で、手に伝わる振動パルスの間隔が変化するデバイス「クレイジースモール障害物バイブレータ」を、2020年3月28日に発売した。

photo

クレイジースモール障害物バイブレータは、本体内蔵のバイブレータで、センサー前方の障害物までの距離を振動間隔として体感するデバイスだ。本体に市販のモバイルバッテリーを接続して、持ち歩きながら使用する。

MicroUSBのケーブルでモバイルバッテリーと本体を接続し、側面のSWボタンを長押しするとON状態となる。1秒ほどの間隔で振動がはじまり、本体を手に持ってセンサー面を障害物に向けると振動間隔が距離によって短くなる。基本間隔は側面のAまたはBボタンを長押しして、長/短を選択。選択した内容は記憶される。再度側面のSWボタンを長押すると、電源がOFFになる。

円形リング内のセンサーは、クラス1レーザーを使い、3cm~1.5mの正面のみに反応(反応の度合いは、障害物の材質や面積によって異なる)。ケースはABS樹脂の黒色、サイズは38×46×18mm、重さ22g。保証期間は6カ月。取扱説明書が付属し、USBケーブル、バッテリーは付属しない。

クレイジースモール障害物バイブレータは、クラウドファンディングCAMPFIREにてクレイジースモールシリーズの第6弾としてリリース。リターンとして購入できる。同シリーズ第5弾の空中入力デバイス「クレイジースモールAirOneFT」も同時出品している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 星や銀河を全自動で観測/撮影できるスマート天体望遠鏡カメラ「Vespera」 #CES2021
  2. 壁の中をスキャンしてくぎなどの位置を検出できるDIYツール「Walabot DIY 2」 #CES2021
  3. Apple Watchをヘッドマウント——スカウター型スマートグラス「ホロスター」
  4. レトロゲームが遊べる、作曲ができる——ゲームボーイ互換のポータブルゲーム機「Analogue Pocket」 #CES2021
  5. Raspberry Pi Zero用カメラポート付きUSBハブモジュール「Moon Pi Hub Cam」
  6. カメラなしでスマートホーム化、5種類のセンサーを備えたスマートセンサー「OVAL」 #CES2021
  7. DMM.make、「PostPro 3D」を使った3Dプリント品の特殊表面処理サービスを開始
  8. ワイヤレスイヤホンと一体化したフェイスマスク「MaskFone」#CES2021
  9. それ、M5でつくれるよ ——猫をつくれるよ
  10. アフレル、AIロボティクス教材「ロボットではじめる深層学習TensorFlow × 画像認識 × EV3」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る