新しいものづくりがわかるメディア

RSS


cooyou.org、振動パルスで障害物との距離を体感できる「クレイジースモール障害物バイブレータ」発売

cooyou.orgは、センサー前方の障害物との距離で、手に伝わる振動パルスの間隔が変化するデバイス「クレイジースモール障害物バイブレータ」を、2020年3月28日に発売した。

photo

クレイジースモール障害物バイブレータは、本体内蔵のバイブレータで、センサー前方の障害物までの距離を振動間隔として体感するデバイスだ。本体に市販のモバイルバッテリーを接続して、持ち歩きながら使用する。

MicroUSBのケーブルでモバイルバッテリーと本体を接続し、側面のSWボタンを長押しするとON状態となる。1秒ほどの間隔で振動がはじまり、本体を手に持ってセンサー面を障害物に向けると振動間隔が距離によって短くなる。基本間隔は側面のAまたはBボタンを長押しして、長/短を選択。選択した内容は記憶される。再度側面のSWボタンを長押すると、電源がOFFになる。

円形リング内のセンサーは、クラス1レーザーを使い、3cm~1.5mの正面のみに反応(反応の度合いは、障害物の材質や面積によって異なる)。ケースはABS樹脂の黒色、サイズは38×46×18mm、重さ22g。保証期間は6カ月。取扱説明書が付属し、USBケーブル、バッテリーは付属しない。

クレイジースモール障害物バイブレータは、クラウドファンディングCAMPFIREにてクレイジースモールシリーズの第6弾としてリリース。リターンとして購入できる。同シリーズ第5弾の空中入力デバイス「クレイジースモールAirOneFT」も同時出品している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  3. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  4. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  9. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  10. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る