新しいものづくりがわかるメディア

RSS


新型コロナウイルス感染リスクを可視化——VAAK、映像解析システム「VAAKEYE+」試験提供開始

VAAKは、新型コロナウイルス感染拡大を受け、防犯カメラやサーモグラフィーの映像をAIで解析することで、発熱や咳などの症状や人が密集している状態などの感染リスクを可視化できる映像解析システム「VAAKEYE+」の試験提供を開始した。

同システムは、防犯カメラおよびサーモグラフィー映像を解析し、人が密集している状態や近距離での会話や発声が行われる状態、発熱や咳などの症状、マスクの有無、ドアノブなどへの不特定多数者の接触、設備への消毒の有無などの状態をモニタリング。飛沫感染および接触感染などの感染リスクがある場合に通知する。

同システムを活用して、オフィスや飲食店、公共空間での入場検査や濃厚接触の回避、換気、設備消毒を促進し、対象空間での感染リスクの低減を目指す。なお、試験提供にあたっての費用は、機材などの実費のみとなる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  4. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. 加工不要な木製品——MIT、植物細胞から木材を培養する実験
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. ArduinoでもRaspberry Piでも動かせるDIYロボットキット「CodeRover」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る