新しいものづくりがわかるメディア

RSS


NTTコミュニケーションズ、フルMVNOサービスによるIoT向けモバイル通信プラン提供開始

NTTコミュニケーションズは、フルMVNOによるIoT向けモバイル通信サービスを、国内向けに2020年4月1日から提供開始すると発表した。

photo フルMVNO基盤は、データ収集用のネットワーク機能として「Smart Data Platform」を構成する。

同社ではこれまで海外向けのフルMVNOサービス「IoT Connect Mobile」を提供してきたが、国内でのIoT向け通信ニーズの高まりを受けてサービスを開始する。サービス提供にあたっては「フルMVNO基盤」を整備。同基盤を活用したeSIMによるモバイル通信プランを、現在提供中のモバイル通信プランに追加する形で提供する。

同サービスでは、eSIMの特徴を生かしてSIMの休止や再開などの状態を遠隔の管理画面で操作/確認できたり、SIM形状の選択や機能拡張などが可能になる。

利用環境や用途に合わせて、取り外し可能な「Plug-inタイプ」、または振動耐性/衝撃耐性に優れた組み込み型の「Chipタイプ」のSIMが選択でき、両タイプとも標準の「ノーマルグレード」と、温度耐性や書き込み耐性を強化した「インダストリアルグレード」が用意されている。また、eSIM利用の場合は、内部にJavaアプレットを実装することで機能拡張することも可能だ。

同社が提供している「Arcstar Universal One モバイル」、「OCN モバイル ONE for Business」、「モバイルアクセス卸サービス」、「IoT Connect Mobile」の各モバイル通信サービスにおいて、フルMVNO対応の機能を追加する形でサービス提供する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  4. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. 加工不要な木製品——MIT、植物細胞から木材を培養する実験
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. ArduinoでもRaspberry Piでも動かせるDIYロボットキット「CodeRover」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る