新しいものづくりがわかるメディア

RSS


M5Stackシリーズ最小の24×24mm——スイッチサイエンス、「ATOM Matrix」「ATOM Lite」を販売開始

スイッチサイエンスは2020年4月10日、M5Stackシリーズ「ATOM Matrix(型番:M5STACK-C008-B)」/「ATOM Lite(型番:M5STACK-C008)」の販売をウェブショップで開始した。

同製品の寸法は24×24×14mmで、M5Stackシリーズでは最もコンパクトな開発モジュールとなる。通信機能(Wi-Fi/Bluetooth)と内蔵SPIフラッシュメモリ(4MB)を備えたESP32-PICO-D4チップを搭載しており、ESP32-PICO搭載の「M5StickC」よりアクセス可能なGPIOピンが多く、小型の組み込みデバイス開発に適しているのが特徴だ。

ATOM Matrixは上部パネルにRGBマトリックスLED(5×5)と内蔵IMUセンサー(MPU6886)を備えているが、ATOM LiteはRGB LEDのみとなる。

その他、赤外線LED、入力インターフェースとして使用できる汎用プログラマブルボタンや、USB Type-Cインターフェース、Grove互換インターフェースは両製品共通で備わっている。また、裏面には基板取り付け用のM2ネジ穴が1つある。

価格はATOM Matrixが1397円、ATOM Liteが968円(どちらも税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る