新しいものづくりがわかるメディア

RSS


M5Stackシリーズ最小の24×24mm——スイッチサイエンス、「ATOM Matrix」「ATOM Lite」を販売開始

スイッチサイエンスは2020年4月10日、M5Stackシリーズ「ATOM Matrix(型番:M5STACK-C008-B)」/「ATOM Lite(型番:M5STACK-C008)」の販売をウェブショップで開始した。

同製品の寸法は24×24×14mmで、M5Stackシリーズでは最もコンパクトな開発モジュールとなる。通信機能(Wi-Fi/Bluetooth)と内蔵SPIフラッシュメモリ(4MB)を備えたESP32-PICO-D4チップを搭載しており、ESP32-PICO搭載の「M5StickC」よりアクセス可能なGPIOピンが多く、小型の組み込みデバイス開発に適しているのが特徴だ。

ATOM Matrixは上部パネルにRGBマトリックスLED(5×5)と内蔵IMUセンサー(MPU6886)を備えているが、ATOM LiteはRGB LEDのみとなる。

その他、赤外線LED、入力インターフェースとして使用できる汎用プログラマブルボタンや、USB Type-Cインターフェース、Grove互換インターフェースは両製品共通で備わっている。また、裏面には基板取り付け用のM2ネジ穴が1つある。

価格はATOM Matrixが1397円、ATOM Liteが968円(どちらも税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 星や銀河を全自動で観測/撮影できるスマート天体望遠鏡カメラ「Vespera」 #CES2021
  2. 壁の中をスキャンしてくぎなどの位置を検出できるDIYツール「Walabot DIY 2」 #CES2021
  3. Apple Watchをヘッドマウント——スカウター型スマートグラス「ホロスター」
  4. レトロゲームが遊べる、作曲ができる——ゲームボーイ互換のポータブルゲーム機「Analogue Pocket」 #CES2021
  5. Raspberry Pi Zero用カメラポート付きUSBハブモジュール「Moon Pi Hub Cam」
  6. カメラなしでスマートホーム化、5種類のセンサーを備えたスマートセンサー「OVAL」 #CES2021
  7. DMM.make、「PostPro 3D」を使った3Dプリント品の特殊表面処理サービスを開始
  8. ワイヤレスイヤホンと一体化したフェイスマスク「MaskFone」#CES2021
  9. それ、M5でつくれるよ ——猫をつくれるよ
  10. アフレル、AIロボティクス教材「ロボットではじめる深層学習TensorFlow × 画像認識 × EV3」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る