新しいものづくりがわかるメディア

RSS


並べて置くだけで教育ロボットをプログラミング——プラスチックタイル「Robot Tracks」

マグネットタイルにはめ込み、並べて置くだけで教育ロボット「Ozobot」のプログラミングができる「Robot Tracks」のクラウドファンディングが、Kickstarterで進行中だ。

Robot Tracks

Ozobotは、紙の上に書かれた線をなぞりながら、線上のカラーコードを読み取って、右折、左折、一時停止など、色の組み合わせで指定された動作をするロボット。キーボードと画面ではなく、紙とペンを使ってプログラミングを学ぶことができる。

Robot Tracks

Robot Tracksは、Ozobotがなぞる線と動作を指定するカラーコードがプリントされたプラスチックタイルのセットで、市販のマグネットタイル「Playmags」にはめ込み、床やテーブルの上に並べて連結するだけでOzobotのプログラミングができる。Robot Tracksを使えば、間違えても線を新たな紙に書き直したりカラーステッカーを貼り直したりなどする必要がなくなり、子供たちはより気軽にプログラミングを学ぶことができる。

Robot Tracks

Robot Tracksの価格は、セットの内容によって20~90ドル(約2200~約9800円)。出荷は2020年6月の予定だが、出荷先は米国内に限られている。

なお、Robot TracksはPlaymagsにはめ込んで使うことを前提としているが、Playmagsはセットに含まれていない。Ozobotも自分で用意する必要がある。

Robot Tracksは1000ドル(約10万8000円)を目標に、2020年4月22日までクラウドファンディングを実施する。2020年4月6日時点で、目標額の約2倍以上の約2200ドル(約24万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 芝刈りや水やりもお任せ——スマートガーデニングロボット「Yardroid」
  2. 自分で作って遊ぶ「ルアープラモ」、金型屋さんのやりがいも爆釣りか
  3. ラズパイ4とロボット実機でROS2の勉強、オーム社「ScamperとRaspberry Piで学ぶ ROS2プログラミング入門」
  4. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  5. 応募数120件——3Dプリント猛者が集った「もじゃコン」の結果を発表
  6. 独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「Jadelabo J1」
  7. XYZプリンティングジャパン、オープンレジン対応高性能光造形3Dプリンター「PartPro150xP」発売
  8. 科学者ら、木材からバイオマスベースのプラスチック生成に成功
  9. 大型海藻を「エレベーター」に載せて栽培する手法を開発——4倍以上のバイオマスを産出
  10. 最大リーチ581mm——モジュラー構造の7軸ロボットアーム「AMBER B1」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る