新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ビジネスにおける意匠権の活用方法を知る——特許庁、「事例から学ぶ 意匠制度活用ガイド」公開

特許庁が、デザイン保護のための意匠制度活用に役立つ「事例から学ぶ 意匠制度活用ガイド」の最新版を公開している。

photo

同庁によると、多くの時間やコストおよび知恵を使って作成したデザインを、知的財産権で戦略的に保護して、うまく活用していくことはビジネスを成功に導くためには不可欠だ。同ガイドは、意匠制度を活用している事例を基に、意匠制度のさまざまな活用方法を紹介する。

photo

同ガイドでは意匠権に期待する効果を、模倣品や類似品の排除や他社への牽制、ビジネス機会の拡大、創作意欲の向上、技術保護の補完などとし、大企業や中小企業、デザイナー、大学/研究機関などのさまざまな立場での活用事例を、意匠権活用による効果と併せて紹介している。

同ガイドは2017年に初版が発行され、今回令和元年の意匠法改正に伴って一部の内容を最新情報に改めた。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  3. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  4. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  9. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  10. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る