新しいものづくりがわかるメディア

RSS


武藤工業、3Dプリンター製医療用フェイスシールドの無償提供開始

武藤工業は、3Dプリンターで製造した医療用フェイスシールドの無償提供を開始する。

photo

世界的な新型コロナウイルスの感染拡大により、医療現場での飛沫に対する防護具不足が深刻となり、対応策として3Dプリンターを活用したフェイスシールドの製作要望が高まっている。

同社によると、公開されているフェイスシールドの3Dデータを使って試作したがうまく作れない、安全性や実用性はどうかなど、数多くの問い合わせがあったという。そのため、同社製プリンターを使い造形精度やマテリアルの検証を独自に行い、緊急対応策として3Dプリンターを活用したフェイスシールドを製作し、2020年5月15日より順次、医療機関向けに無償で提供を開始する。 提供数量は、月に500セットの予定(1セットに5枚のPETシールドを含む)。

フェイスシールドを構成するフレームは、神奈川大学の道用大介准教授が公開した3Dデータ(DOYO Model)を活用し、製造には同社のデュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D Magix MF2500EPII」を使用。ポリカーボネート樹脂「PolyMaxTM PC」でフレームを造形し、シールド部材には透明度高いPETを採用した。フレームの突起部(ボス)に、透明PET シールドの穴を差し込めば完成する。

同時に、道用大介准教授が公開した3Dデータ(DOYO Model)を活用し、同社製3Dプリンター「Value3D Magix MFシリーズ」に最適化した造形データ(GCODE)を公開する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. PCは酒で冷やせ——「イエーガーマイスター」を冷却水に使った自作PC
  2. ラズパイでプレイ中のアルバムアートを表示——Raspberry Piを使った64×64LEDマトリックスディスプレイ
  3. 発電量を2倍に——逆回転デュアルタービンホイールを利用した波力発電システム
  4. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  5. コンパクトながら高性能——デスクトップ型5W/10Wレーザー加工機「xTool D1」
  6. メカトラックス、Raspberry Pi防塵防水IoTゲートウェイ「Pi-protect」を発売
  7. M5Stackでキーボードを作る——遊舎工房、自作キーボードキット「AZ-M5ortho」発売
  8. 8K解像度の光造形方式3Dプリンター「Sonic Mini 8K」
  9. なななっ!! なんと、イカに骨!? 3Dプリントによる架空の骨格標本、Twitterで話題に
  10. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る