新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Formlabs、BiPAP人工呼吸器アダプターを3Dプリンターで生産、供給

Formlabsは、新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため、睡眠時無呼吸症候群の患者向けの二相性陽圧呼吸(BiPAP)ベンチレーターアダプターを3Dプリンターによって生産、供給すると発表した。

同アダプターは、ニューヨークの医療機関Northwell Healthが設計。プラスチック製の小型のアダプターで、3Dプリンターで簡単に生産できる。

今回Formlabsは、アメリカ食品医薬品局(FDA)の緊急時使用認可(EUA)を得てFDA登録済の同社本社内でアダプターを生産。アメリカ国内の病院および政府機関に配布する。生産には本社内の150台の3Dプリンターを使用する予定で、最大で1日3000個の生産が可能になる。同社はEUAを受けた最初の3Dプリンターメーカーになるという。

同アダプターは、感染ピーク時のニューヨーク市内で多くのICU患者の救命治療のために人工呼吸器として使用されてきた。現在は感染が深刻なその他の都市の病院を主に支援する。

同社は、「3Dプリントは、新しく革新的な医療機器の迅速で反復的なプロトタイプ製作を可能にすると同時に、生産プロセスの短縮、サプライチェーンの縮小および必要となる場所での製造を可能にする」と考えている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  5. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る