新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ものづくりと投資事業を日米で強化——MZV、少量生産サプライチェーン構築でソニーなどと資本提携

Monozukuri Ventures(MZV)は2020年5月14日、少量生産サプライチェーンの構築に向けてものづくり企業との資本提携を締結した。

今回資本提携を実施したのはソニー、香港東英電子工業、安田工業などで、同年3月末に総額1億円の第三者割当増資を実施した。

これまでは京都試作ネットなど日本の中小企業と連携しながら、アイデアから試作までの製造支援体系を構築してきたが、少量生産のサプライチェーンが課題だった。今後は米国での投資ネットワークを活かし、最新技術への投資に加え、技術をいち早く日本に持ち込み、パートナー企業とともに少量生産に対応したサプライチェーンを構築していく。

また、今夏には新たなベンチャー投資ファンド「New Normal Monozukuriファンド(仮)」を設立する予定。同ファンドは、遠隔医療のような既存の試作ファンドの投資分野に加え、安定した少量生産サプライチェーンを構築するために必要な技術の発掘と普及を目的としたベンチャー投資ファンドだ。

金型を作らないことでスピーディーに製品を市場に供給するAdditive Manufacturing技術などへの投資に加え、新型コロナウイルスへの感染を防ぐSocial Distancing技術やContact Tracing技術、感染の早期発見や素早い処理を可能にするRemote Diagnosis技術やSantizing技術といった、働く人への感染を防ぐ技術への投資を推進する。

MZVは、2020年1月にMakers Boot Campを運営するDarma Tech LabsとFabfoundry, Inc.が、ハードウェアスタートアップ支援の経営資源を結集して発足した。同社が運営するMBC試作ファンドは2017年7月に発足し、日米のハードウェアスタートアップ28社(日本13社、米国15社)に投資している(2020年4月末時点)。またスタートアップ企業を中心に、60以上の試作プロジェクトを支援している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  3. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  4. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  5. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  6. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  7. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」
  8. イグアス、「3Dプリンター向け 仕上げ加工ツール」のオンライン販売開始
  9. 伝説の名機を小型化して技術情報公開を目指すオープンソースシンセサイザー「Profree-4」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る