新しいものづくりがわかるメディア

RSS


装着者同士の接近をアラーム監視、ソーシャルディスタンスの維持に役立つウェアラブルデバイス「Safe Spacer」

IK Multimediaは2020年5月21日、勤務者や訪問者が安全なソーシャルディスタンス(社会的距離)を維持するのに役立つ軽量のウェアラブルデバイス「Safe Spacer」を発表した。

同製品は、UWB(超広帯域通信)技術を採用したウェアラブルデバイスだ。工場や倉庫、店舗、イベントスペースなどで利用できる。

充電式バッテリーによりワイヤレスで動作し、他のデバイスが2m以内に近づくと、視覚、振動、音声のいずれかのアラームで着用者に警告する。セットアップや特別なインフラを必要とせず、すぐに利用できるのが特徴で、リストバンドやストラップに装着したり、ポケットに入れたりして持ち運べる。

UWB技術により、10cmまでの精密測定が可能だ。NFC非接触技術やBluetoothを介してワイヤレスで動作。防水性も備えている。

各機にはそれぞれ固有のIDタグと内蔵メモリが搭載されており、オプションで作業員名を関連付けた上で、不用意な接触を追跡可能だ。プライバシーを維持するために、IDと近接性以外のデータは保存されない仕組みを採用しており、組織と従業員の安全を確保できる。

接近検知、アラーム発信ともデバイス本体で完結するため、装着時に各人がスマートフォンなどを携帯する必要はない。

iOS/Androidアプリはワークスペースでの高度な使用やセットアップ、モニタリングに利用できる。また、作業員へのID関連付け、アラーム距離の閾値設定、アラームの種類の設定、接近情報をログ取得し追跡データをエクスポートすることなどが可能だ。

Safe Spacerは2020年第3四半期に発売する予定で、予価は1個当たり99.99ユーロ(税別、約1万1700円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  2. 80歳のメカニックが飛ばないドローンを部品から手作り
  3. Raspberry Piで動かす電車のおもちゃ「Fame Toys ブリッジャー」発売
  4. HATボードを横に並べて接続するRaspberry Pi用拡張ボード「HAT RACK」
  5. 基板内部に電子回路を立体造形——Nano-Dimensionの電子回路PCB基板3Dプリンター「DragonFly LDM」
  6. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  7. 梨衣名が教えるものづくり中国語講座 vol1 中国との取引でこの言葉ができたら要注意!「差不多」
  8. Moddable+M5StackでIoTアプリケーション開発——インプレスR&D 、「実践Moddable」発刊
  9. 折り紙をヒントに、わずか1cmのプログラム可能な超小型ロボットを開発
  10. まるで生き物。もふもふなAIペット型ロボット「MOFLIN」がKickstarterに登場

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る