新しいものづくりがわかるメディア

RSS


NASA開発の人工呼吸器、FDAの承認を受けて無償でライセンス供与を開始

Credits: NASA/JPL-Caltech

現在、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、多くの病院で人工呼吸器が不足している。さまざまな企業や機関が開発を急ぐ中、NASAジェット推進研究所(JPL)も人工呼吸器を開発し、FDA(アメリカ食品医薬品局)の緊急時の使用許可(EUA)を得たと発表した。

「VITAL(Ventilator Intervention Technology Accessible Locally)」と名付けた高圧の人工呼吸器は、宇宙開発で培ったスキル、専門性、知識を結集して開発され、プロトタイプの開発期間はわずか37日間。従来の人工呼吸器より製造期間が短く、メンテナンスも容易。構成部品点数が少ないうえ、部品の入手性も高い。柔軟な設計で、会議場など大人数を収容できる施設に設置された仮設病院用に改造できるなど、利点が多い。

想定使用期間は3~4カ月で、既存の人工呼吸器に置き換わるものではないが、人工呼吸器が不足する今、新型コロナウイルスの患者の治療に役立てることができる。

FDAの審査に先立ち、プロトタイプのテストにも既に合格している。現在、JPLとパートナーシップを結ぶカリフォルニア工科大学は、商用生産に向けて製造元を探そうと医療業界に働きかけている。新型コロナウイルスが世界的に大流行している間は、ロイヤリティフリーでライセンス供与し、治療を待つ患者のため、医療コミュニティにできるだけ早く行き渡るようにしたいとしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  5. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る